テーマ:労組

台風一過の山で-故五十畑サク子さんと越谷市職・70年代末の記憶

台風一過で猛暑が戻ってきた9月18日、せんげん台西のバザーモノ集めを一回りして、家へ戻るために安ノ堀の端を歩いていたら、上流のわずかな空間に青い山の影が見えた。あれはどこだろう、方角からすると赤城かなあなどと考えながら歩いていたら、急に山々を眺めたくなった。昼食を終えたのはもう二時過ぎになっていたが、連れ合いと二人、とにかく低い山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more