テーマ:働き方改革

障害のある人もない人も いま地域で問われる「働き方改革」とは

 いくつものイベントが重なり、時間設定も会場探しも難しかったNPO法人障害者の職場参加をすすめる会のの定期総会と記念シンポジウムが終わった。ふだんなら午後から総会をやり、ついでシンポというかたちだが、今回は朝からまずシンポ、そして昼の時間に総会を終え、午後から懇親会という超変則スケジュール。会場も駅から遠いので心配したが、結果的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共に働く」運動はどこまで来たか―共同連マラソントークin埼玉

4月15日(日)、さいたまコーププラザで行われた共同連マラソントークに参加。わらじの会の吉田さん、内藤さんは14日(土)のワーカーズコープ・深谷とうふ工房の視察・勾留から参加。ちなみに、今回のテーマは、「一人一人が『共に働く』をつなぐ~誰もが安心して働き生活できるまちづくりから学ぶ~」。  まず共同連・堀代表からの挨拶。社会連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

協同労働フォーラム―一点突破はないがはずせない一点

  一点突破はないがはずせない一点  筆者が事務局長を務めるNPO法人障害者の職場参加をすすめる会は、地元で「仕事おこし懇談会inこしがや」という集まりをもっているが、そのきっかけは2012年全国協同集会が埼玉で開かれ、そこに招かれて参加したこと。地域でも暮らしの中から共に働く仕事を創り出してゆこうと上記懇談会を立ち上げた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季刊福祉労働:障害者の「働き方改革」 に沖山、山下が書いた!

 季刊福祉労働156号 特集:障害者の働き方改革 に、沖山さんと筆者の原稿が掲載された。  沖山さんの「共に働く街を拓く:障害者就労支援の経験から」には、1980年代後半に埼玉で「職場参加」という「ちょっと人を食ったような言い回し」に出会い、衝撃を受けたことや、越谷市障害者就労支援センターでの取り組みが書かれている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more