NPOと労働組合のコラボとはーネット21運動シンポに参加して

12月9日(土)「シンポジウム&交流会『異文化交流』から『協働』のステージへ ネット21運動でつながるNPOと労働組合という集まりに参加した。(上の写真は彩の子ネットの鈴木さんより)  さいたまNPOセンターからの声かけに応じ、職場参加をすすめる会と越谷市職の協働について、市職委員長の森田さんと事例報告をした。以下の当日写真は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冴え渡る自立・共生節―野島久美子の限界芸術 12.6すいごごカフェ

職場参加ビューロー・世一緒で4月以来毎週水曜に行ってきたすいごごカフェ。12月6日のゲストトークは、埼玉障害者市民ネットワーク代表・野島久美子さん。  当日の写真撮影は、世一緒サポーターの直井さん。そして、野島さんの語りのメモ(青字部分)は、筆者の秘書介助者を務めてくれている宮川さん。なお、筆者がもっている歴史的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うんとこしょー共に活きる介護人養成講座 みんなで一緒にBBQ!

今週末です! うんとこしょー共に活きる介護人養成講座 12月の企画 12月9日(土)11:00~14:00 場所:生活クラブ越谷生活館ふら~り  越谷市東越谷3丁目6-23 (越谷駅東口よりバス 東越谷3丁目下車すぐ) 048-965-6725 参加費:500 円 主催:生活クラブ越谷ブロック地域協議会、NP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな自立生活もある―わらじの会代表・藤崎稔さんの語り

藤崎稔です。武里の団地に一人で暮らしています。 すいごごカフェ 11月29日(水) 藤崎稔さん(わらじの会代表) こんな自立生活もある  18歳の夏、スウェーデン。全介助でモーターボートを運転し、看護師の妻と暮らす彼に出会ってからのジグザグ、すったもんだのおれ流自立生活を教えよう。 (社福つぐみ共生会職員・内藤純…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代も世代もくぐりぬけー共生の幻像へ 平岩さんとすいごごカフェ

 11月22日のすいごごカフェにはゲストとして、平岩和好さんを招いた。本題の内容については、筆者の秘書介助者である宮川さんがまとめてくれた記録を後ろに掲載する。ただ、平岩さんが何者であるか、初めに紹介しておこう。  平岩さんは、もう40年近く前から一家でわらじの会に参加している。このごろでは、娘さんたちが夫や子供を伴って顔を見せた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分ける制度を共に活きるために使えるか―すいごごカフェに託すもの

 NPO法人障害者の職場参加をすすめる会では、今年度4月当初から毎週水曜の午後を「すいごごカフェ」と称し、毎回身近な地域のさまざまな人をゲストとして招き、その人の半生や仕事、活動などを語っていただくイベントを重ねている。 冒頭の写真は、11月22日のすいごごカフェ。ゲストは銀座の和装小物店の老舗「平野屋」の平岩和好さん。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「協同労働の協同組合」法制定推進フォーラムに参加した

11月11日(月)、病院での検査が入っていたので欠席の予定だった「協同労働の協同組合」法制定推進フォーラムに、体調があまりよくないという理由だがその検査を延期したので、思いがけず参加することができた。  NPO法人障害者の職場参加をすすめる会として、仕事おこし懇談会inこしがやの縁で、このフォーラムに実行委員会段階からかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台国際ホテル障害者従業員差別への抗議申し入れに賛同要請

ゆめ風基金を通して、仙台のCILたすけっとから、「仙台国際ホテルの障がい者従業員への暴言・暴行について、CILたすけっとでは抗議申し入れ」への賛同要請が届きましたので、ご案内します。 みなさまへ ゆめ風ネットみやぎの仙台たすけっとから仙台で起きた障害者女性への暴行に対する抗議文のお知らせが来ています。 賛同人になってく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らない街への旅路で見直す人と人の暮らし合い―内山豊美さん

   今年4月から毎週開催しているこのすいごごカフェ・ゲストトークを、筆者が事務局長を務めるNPO法人障害者の職場参加をすすめる会では、定款上の3番めの事業である「障害者の就労・生活支援のための資料収集と情報提供に関する事業」として位置付けている。 「障害者の就労・生活支援のための資料収集と情報提供」というと、障害者や事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介助?自立?能力?―暮らし合いが編み出す多様さ 〈わら細工〉

 わら細工ニュース10月号が届いた。 ケアシステムわら細工、入会金1000円、年会費1000円で毎月楽しめるA4版フルカラー 8ページの情報誌。  それよりも何よりも、この情報誌の真髄は、「介助とはかくあるべし」という、現行制度の前提になっているこわばった観念を、現実の地域の暮らしと仕事の多様・多彩なありようを示すことによって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代労働組合研究から障害者等も共働・協同する街を探る飯島さん

1.越谷のまちづくりと人をつなぐ  職場参加ビューロー世一緒(よいしょ)でこの4月以来、毎週水曜日の午後に行われている「すいごごカフェ」、10月3日(水)のゲストトークは、飯島信吾さん。世一緒のHPをはじめ、仕事おこし懇談会inこしがや、越谷水辺の市などのHPも飯島さんが立ち上げ、常時更新していただいているインターネット事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街の幸・人の幸みなぎる秋雨のわらじ40周年記念大バザー

40周年を迎えたわらじの会の大バザーが、雨の日曜日、せんげん台第4公園で開催された。写真は高級衣料品売り場。雨の冷気を吹き飛ばす3人の霊気!励起! テント、ブルーシートによる雨除けは限界あり、売り場を通常の3分の1以下に縮小して行った。順延してもまた雨になる可能性があり、スケジュールも押している。  ここは本部テント。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だいじょぶよ ジタバタと共に生きよう―月刊わらじ10月号発行

月刊わらじ10月号(特集だいじょぶよ)の共同製本作業が、10月11日、くらしセンターべしみで行われ、全国に発送された。  上は共同製本作業のようす。  そして上は、製本作業の後、手づくりの昼食を終えて、参加者のひとことメッセージを仕切る編集長・巽の雄姿。  盲ろう下肢マヒの橋本克己画伯も、ひとこと。本日は参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いま地域に問われる「仕事」、「働き方」はー即売会での出会いから

 9月30日、Select Fair(生活クラブ×13生産者展示即売会)に出かけた。 展示即売会の会場前で同時開催された「家族で楽しめる出展ブース」に、NPO法人障害者の職場参加をすすめる会として、ケアシステムわら細工の協力を得て、車いす体験コーナーを設けたため。 うんとこしょ―共に活きる介護人養成講座で結ばれた縁から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季刊福祉労働:障害者の「働き方改革」 に沖山、山下が書いた!

 季刊福祉労働156号 特集:障害者の働き方改革 に、沖山さんと筆者の原稿が掲載された。  沖山さんの「共に働く街を拓く:障害者就労支援の経験から」には、1980年代後半に埼玉で「職場参加」という「ちょっと人を食ったような言い回し」に出会い、衝撃を受けたことや、越谷市障害者就労支援センターでの取り組みが書かれている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒りネット・古賀さん:厚生労働省交渉と10.27大フォーラム呼びかけ

 怒りネットの古賀典夫さんより、9月29日の厚生労働省交渉と10月27日の「骨格提言」の完全実現に向けて10・27大フォーラムの賛同呼びかけが届いたので、ご紹介する。その前に若干、筆者のコメント。(なお、埼玉障害者市民ネットワーク主催の勉強会にかって古賀典夫さんをお招きしたときの記録は以下を参照。  http://yellow…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過の山で-故五十畑サク子さんと越谷市職・70年代末の記憶

台風一過で猛暑が戻ってきた9月18日、せんげん台西のバザーモノ集めを一回りして、家へ戻るために安ノ堀の端を歩いていたら、上流のわずかな空間に青い山の影が見えた。あれはどこだろう、方角からすると赤城かなあなどと考えながら歩いていたら、急に山々を眺めたくなった。昼食を終えたのはもう二時過ぎになっていたが、連れ合いと二人、とにかく低い山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畔柳さんを偲ぶ会―制度なき時代 病院から地域へ住まいを

 9月16日(土)、NPO法人精神障害者の自立生活をすすめる会の代表として、グループホーム・テレサの世話人として、長年活動してきた畔柳君代さんを偲ぶ会を、会員、入居者を主体として10数名で行った。  会場に掲げられた彼女の写真の下に、スケッチブックが置かれていて、彼女が絵を描くんだと初めて知った。なお、遺品の中にあったビデオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

養護・進路から現在につながる縁―宇都木章さん(すいごごカフェ)

  世一緒で毎週水曜に開いている「すいごごカフェ」、9月13日のゲストトークは宇都木章さん。地元の肢体不自由養護学校(特別支援学校)高等部の教員として長年にわたり障害のある生徒の進路指導を務めた後、卒業した重度重複障害の人たちの通所施設の長として働いたのち、現在は障害者生活支援センターや世一緒に関っている。以下、宇都木さんのお話。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護人体験を語る―うんとこしょ座学 他活動での相互連携も試み

うんとこしょー共に活きる街の介護人養成講座(全11回)   街に出て、出会って 気が合って、登録する そして街に出る(介護する)資格がなくてOK!    主催:生活クラブ生協越谷ブロック地域協議会、NPO法人障害者の職場参加をすすめる会、    ケアシステムわら細工、仕事おこし懇談会inこしがや    9月は本日11日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8日逝去された河野秀忠さんのメッセージ(そよ風終刊直前号)

 9月8日に亡くなられた河野秀忠さんが、自ら編集長を務めた「そよ風のように街に出よう」89号(2016年4月25日発行)の特集●終刊へのカウントダウン・シリーズ 編集部 ザ・談会」で語っている一部をここにメモさせてもらう。  「最初はね、障害者のところに情報が届いてないっていう思いがあった。で、最近になって感じるのは、情報は届…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒れ、平和に言及せよ、楽しめと語った河野秀忠さん逝く

ゆめ風基金から以下の訃報が届いた。 「かねてより病気療養中であった、副代表の河野秀忠が亡くなりました。本日、9月8日、12時40分でした。ゆめ風基金創設者のひとりであり、14か月に及ぶ闘病生活の中、きっと戻ってくれると信じて待っていたのですが、本当に悲しい結果となってしまいました。生前のご厚誼に御礼申し上げ、謹んでお知らせいたしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉障害者自立生活協会 理事・介助者たちの生

(一般社団法人)埼玉障害者自立生活協会の定期総会に向けた理事会で朝霞へ。終了後コミセンの喫茶でおしゃべり。T理事はやはり障害者の夫が自分が逝った後も暮らし続けられるようシェアハウスにできるような家を買うか借りるのが、天国に行く前の残された仕事だと言う。というのも夫の母が94才で最近自宅にひきとったのだが、夫も同様に長寿だろうから。夫の母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父・四阿屋山、早春の花々

                           四阿屋山 山頂付近 秩父・四阿屋山、早春の花々。10年前、まだ連れ合いが山を覚え始めたころにも出かけた地へ再び。あの時は自車で来たが、この頃はほぼ最寄駅からタクシーで登山口へ、運転手さんとの会話を楽しみに。 当時は三峰山ロープウェイが廃止されたり、旧両神村が小鹿野町に組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春のしらこばと公園で 花壇整備技術向上のための講習会

パンジー、ビオラが咲き誇るしらこばと水上公園の現場で行った花壇整備技術向上のための講習会のスナップ。 NPO法人障害者の職場参加をすすめる会として、埼玉県花と緑の振興センターから講師を派遣してもらい、会のスタッフ5人に加え発注者である公益財団法人埼玉県公園緑地協会の本部、管理事務所から3人が参加した。発注者サイドから参加してくれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うんとこしょ―共に活きる街の介護人養成講座」お花見ーⅡ

昨日の「うんとこしょ―共に活きる街の介護人養成講座」お花見での集合写真をもう1枚アップ。前の写真よりちょっと「動き」が入ったもの。   そしてこの「うんとこしょ」を企画し準備している「うんとこしょ会議」の雰囲気を伝える写真。これは2月末の会議。 次回うんとこしょ会議は、4月14日(金)16:00 生活クラブ生協越谷生活館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋本画伯のショート・ショート パーソナル手話タイム

        越谷駅へ向かうバス。「バス」と「越谷駅」は画伯が初めて覚えた手話。右はサポーターの701氏。 先月から盲ろう下肢まひの橋本克己画伯に毎週水曜午後、世一緒に来てもらい、短い手話タイムを設けている。世一緒サポーター、時に障害者スタッフがバスと徒歩で送迎介助することで、これを契機に介助者および介助の幅をひろげてゆくきっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年度事業:すいごごカフェ 有機農業者・倉川さん迎えスタート

障害者職場参加ビューロー・世一緒の新年度事業の一つとして今日からスタートした「すいごごカフェ」。ゲスト(街の仕事人)トーク前の肩慣らしに橋本克己画伯の短い手話タイム。そして、第1回のゲストは有機農業者の倉川秀明さん。「さまよえる有機農業」と題し、乱開発進む越谷で10年目にして4回も畑を移さざるを得ない厳しい状況の下での取り組みを語る。ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年 今年も北越谷・元荒川土手で花見

私が運営委員を務めるGHテレサとわらじの会の街に出る小グループ・木星団が、それぞれ北越谷の元荒川土手で花見をしたが、互いに同じところに来ていることを知らず、食事を終わった後になって気が付き、帰る直前に合流して自己紹介し合った。精神科病院に長期入院していた人が多いテレサの入居者の中には、わらじの会のくらしセンターべしみの清掃の手伝いやべし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワーカーズコレクティブ・キッチンとまとの弁当配達

                               キッチンとまとへ 金曜日の世一緒当番スタッフ友野さんによるワーカーズコレクティブ・キッチンとまとの弁当配達、これで3回目。まず蒲生・日の出商店街のとまとへ弁当を受け取りにゆき、車で越谷市内の中学校へ。職員室は階段の上なので、一部は歩いて届け、残りは先生に階下まで受け取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more