新型コロナ情報を読み解く 2021.2.17 すいごごカフェ 水谷淳子さん(耳鼻咽喉科開業医) 後編

DSCN8496.JPG

(前編からの続き)

ワクチン接種の選択は“努力義務”

 なぜ日本を含む東南アジアで重症化が少ないか。コロナっていう風邪のウイルスっていろんなものがあるんだけど、今までわかっているコロナは今回で4種目。普通のコロナにかかっている人は免疫の記憶を持っていて、同じようなウイルスの免疫記憶を持っている人がやっつける働きがある。日本の有識者会議で先端医療をやっている人がデータを出していて、新型コロナに対しても免疫を持っているんじゃないかって。
ちょっと熱を出したといって
 すぐ熱さましを使う人より、薬を使わないで治している人の方がかかかりにくいんだろうと。基礎疾患を持っている人は結構多いと思うんで、進んで人体実験の候補者になって急いでワクチンを打たない方がいいと私は思う。厚労省は、強制はしないし、自分でリスクなどいろいろ考えて打ちなさいと言っていて、最近では“努力義務”という言葉が出てきてる。

 コロナ患者が入院や検査を拒否した時など、罰則規定を作ろうとして国会で問題になった。結局刑事罰はまずいんじゃないかということで、特措法になったけど。特措法に関しては、逃げ出した人に罰を与えたいって言ってるんだけど、感染しててもわからない人がごまんといる中で、わからない中で生活してて、逃げ出した人を罰してどうするんだって。
伝染病予防法(1897年施行)で差別が起きたので、それを反省して新しく感染症法(1999年施行)が作られたんだけど、コロナの最初を見てると同じに見える。犯罪者扱いで追及するような記者会見をやったり。
 資料に竪山(たてやま)勲さん(ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会 事務局長)が書いた文章を載せた。わらじの合宿でも何回か行った国立療養所栗生楽泉園(ハンセン病の人が集められたところ)。感染病で亡くなったというより、結核とかで亡くなった人の方が多いんだけど。今結構きれいに整備されてるんで、閉じ込められて死んだ人がいるって想像するのは難しいと思うんだけど。
それぞれが考えないとしょうがないことなんだろうけど。感染症やウイルスって、やっつけるのは無理な話で。でも、医者っていうのは応えなくちゃいけないというか、治療法がないと困るわけで。重症化した人とか症状が出てて大変な人にはそれなりの治療法があるわけだけど、大多数の人が風邪程度で終わっていても、決定的な治療法がなくても「しょうがないじゃない」ってセリフを言えないから。予防法で手洗いとかマ スクって言われているけど、あとはワクチンしか言いようがない。

 最近の製薬会社は、新薬も作ったりしているけど、買収で巨大化している。開発なんかすごいお金がかかるし。だからワクチンなんかも買い取る形で開発が進んでいる。ワクチンって派兵する時とか、軍隊でものすごい使う。だからワクチン業界というのは戦争と一緒に発展して儲けてきた面がある。病気になった人にやるんじゃなくて健康な人にやっていたわけだから、元々数が違う。健康な人にはやりましょうねってやると儲けが違う。お金を出してる。感染症に対してそんな有効な対策はとれない。ワクチンというと票も入るし金も入るしってことで。

DSCN8494.JPG


質疑応答

公衆衛生学より先端医療を優先した結果

吉原(広):結局今回のコロナ騒動というのは臨床実験をするために、発生させたところがあるのかなって思ったんだけどどうですか。
水谷:フェイクニュースが結構出てるし、生物兵器なんかを作る人なんかはそういうことを言うけど、私はそうは思わない。武漢で発生するよりずっと前からいたんじゃないかなと。ウイルスは次から次へと森林を刻んだりとか、動物が今まで住んでいるところを開発したりして、変異してうつってくるっていうのが結構多い。エイズウイルスもそう。
黒田:ここまた最近温暖化になっちゃって、海水温も上がって、将来的にこの温暖化が続くとこういうウイルスが出てきて、対処とか考えていかなきゃいけない。今は保健所がパンク状態で、働いている知り合いが困ってどうしようもないと言っていた。今大学生が学校に行ってないから、そういう暇な人にお手伝いしてもらえればって話が市議会で出た時に、増やさなくてもいいのでは、という話になった。どう思いますか。
水谷:ウイルスっていうのは人間が生まれるよりもっと前からずっと地球上にいて、いろいろ変化してきているわけで。人間が住んでいるところにもやってきた。急に現れたわけじゃない。わからないウイルスはまだものすごくいろいろあるわけで。自然破壊とか温暖化とかを契機にして蔓延することは十分あると思う。しょうがないことというか、うまくやっていくしかないというか。これからだって今までだってこうだから。風邪のウイルスもわかってないのもいっぱいあるんだと思う。コロナの種類としては今4種類あるわけだけど、知らないものはまだごまんとあるんだと思う。歴史は繰り返してきてる。現在ウイルスを閉じ込められたのは天然痘くらいなもんで、あとはなんらかの形で全部生きているんだから。
 台湾なんかはMARSの時なんかの教訓を活かして対策したんだと思う。日本は昔は公衆衛生というか疫学というか、感染症に対して結構準備がされていたわけなんだけど、今では保健所は人員削減されて統廃合されて減らされて。病気っていうのは公衆衛生学的に対処するより先端医療で対処できるんだって切り替えてしまった。そっちの方が儲かるから。そういう削減してきた歴史があるのに、新型コロナでは一括してやらせようとしたからすごい大変になっちゃった。行政改革で感染者のベッド数や病院自体も削減していたのに、今回で増やしたんで無理がいったんだと思う。病院で働いてる人だって、正規の人よりパートとか派遣の人がすごく多い。そういうのが全部積み重なってきてるんだと思う。「感染症二類相当」って決めた枠も取っ払わなかったんで。どっかがリードして方針転換して、軽い人はいいじゃないか、重い人は入院してやろうって決めないでダラダラやってるんで、あふれてきちゃってるっていう。
黒田:入院できないで死んじゃう人がいる。
水谷:ちょっとずつましになってきてるんだろうとは思うけどね。心臓疾患だとか、基礎疾患がある人がガッと入れなくなってる歪みが来ていると思うんだよね。


ウイルスは完全にはなくならない

日吉:今日の午前中の会議でも水島さんが治療が必要なんだけど、コロナだから5月までは来るなって病院に言われてるって。だから、こういう形で他の治療が必要な人がはじかれている。
水谷:あんまり報道されてないんだけど、年間死亡率とか統計で出てるけど、全体の死亡数がいつもの年より減ってる。だから医者にかからない方が長生きするかも。本当に救急が必要な人もいるけど、ちょっと血圧高いとか、年取って癌になって普通だったら手術しようってなる人がしなかったりして。もうちょっと経たないとなんとも言えないなと。
 老人施設とか病院っていうのはもともと感染しやすい場所。かかりやすい人が集まってくるんだから。密室で、もともと丈夫な人がいるわけじゃないし。ワクチンを打っても、そもそもうつりやすい条件がそろっている。病院は汚いところだから。あとは、欧米とかスウェーデンとかそういうところで高齢者がガッと死んだっていうのは高齢者施設なの。そもそも昔は老人を集める施設なんてなかったわけ。できたのはここ最近だから。うつるとなったら早いのは当然。
西陰:去年の2月3月頃、緊急事態宣言が出されたり、全国的に学校を閉鎖したり、なんでこんな大げさなことをするのかと思った。それより感染したからっていうんで、後ろ指刺されて村八分みたいになる方がよっぽど怖いなと思ったんだけど、瞬く間に全世界にあれよあれよと広まって。インフルが年間3000人亡くなっているんだから、コロナだけに焦点当ててなんなんだと。PCRをやって陽性と陰性を区別して、無症状の人を隔離して接触しないようにすればなくなっていくんだって考え方だと思うんだけど、そういうのを続けていけば、なくなっていくって見通しがあるんですかね?
水谷:なくなってはいかないと思う。弱毒化して普通の風邪ウイルスになる。
西陰:そういうのって半年後とか一年後とか予測はできる?
水谷:予測できる人はなかなかいない。ウイルスっていうのはだいたいそういうもんだから。
西陰:ワクチンはまだ問題があるし、感染者を隔離するって方法が、やり方としては合ってるのかな?
水谷:感染者隔離するっていうのは、社会を防衛するってことでしょ。その人を治療するっていうより。
西陰:でも今はそういう考え方でしょ?
水谷:今はね。
西陰:これからワクチンやる人も多いと思う。
水谷:多いと思うけど、インフルワクチンもそうだけど、毎年ワクチン打っても毎年なる人がものすごく多いわけ。似たような状態になるんだろうなと思う。厚労省もインフルのワクチンは感染は防がない、重症化を防ぐんだって言ってるんだけど、それを確定できるデータが何もない。病院は儲かるから推奨するけど。ワクチンの治療をしないところは、何百万も上がりがないわけだから。今回のコロナのワクチンも感染を防ぐなんて一言も言ってないし、重症化を防ぐデータもない。ものすごい市場。

DSCN8523.JPG


すいごごカフェ 水谷淳子さんのコロナ特集

新型コロナを迎える社会―「かたきがなぜに慕わしい 」 2020.4.15
〈新型コロナ中間まとめ〉より
https://yellow-room.at.webry.info/202004/article_4.html

「在るのは無いものだけだ」ー大本営発表のかげの「蔓延」 2020.4.15
いま ここで生き、考え合った〈新型コロナ中間まとめ・Ⅱ部:質疑応答〉
https://yellow-room.at.webry.info/202004/article_12.html

あやふやなまま煽られる危機感・ワクチン 2020.9.16
https://yellow-room.at.webry.info/202102/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント