涙ながらのすいごごカフェ―うつの谷間で          2020.1.29 野島久美子さんトーク

DSCN8207.JPG

大坂:野島さんは今一番うつのところにいるんじゃないかなと。今日も頑張ってここに来ました。
 
[以下、大坂さんに助けられながらの野島さんの語り]

<ヘルパーの使い始め>
八潮に来た頃、お母さんが朝8~9時頃にカメラ店に行って、夜7時頃家に帰る。その間13時間くらい1人でいた。その間は1人で掃除洗濯、動物の世話をして、昼はお母さんが作ってくれた弁当を食べていた。当時は風呂くらいしか介助が必要じゃなくて、2年くらいずっとその流れだった。でも、散歩がしたいということで市役所に相談したら家庭奉仕員制度を使ったらどうかと言われ、週2回1回2時間手動車いすで散歩することに。当時資格はなくて、市役所が雇っている職員か、市役所の職員がやっていた。アドバイスをもらいながら暮らしていた。
<家出>
親に施設に入らないんだったら殺してやると言われて家出を決意。黄色い部屋で1カ月くらい過ごしたけど、日中は耳鼻科の前にあったプレハブのはばたく家準備会に行っていた。武里さんとか平野さんに時々手伝ってもらってやっていた。
<引っ越し>
引っ越しする前に生活保護を取った。後になって樋上君と偽装結婚して武里団地に入った。団地に入居してから介助は主に共栄短大じゃなくなって、埼玉県立大学の学生に頼んで入ってもらっている。

DSCN8219.JPG

会場を交えてのトーク

大坂:先月泊りや風呂で関わった介助者は20~25人くらい。その中で、一昨年60歳になった時にわらじの会近辺にいる60歳の人、橋本克己さん、朝日先生、蕗崎さん、中山さんや、野島ガールズと言われていた歴代関わっていた人達を呼んで大還暦パーティーをやった。先月も鬱になりかけてたけど、1月生まれの人達との誕生会もやった。そういう人たちがずっとなんだんかんだ言いながら切れることなく、結構みんな来てくれている。
野島:若い頃は学生がいなかったから、おばさんとか民生委員とか手当たり次第頼んだ。何もわからなかったから頼めたんだよね。今は私も重い体になっちゃったし、相手も力もなくなってきてるし、おトイレ頼んでも大変だなって。
大坂:黄色い部屋から家作(かさく)に引っ越した時は近所のおばさんに雨戸明けを毎日やってもらってた。7,8時にガラガラって開けて、おはようって言ってそのまま帰ると。
野島:90年にケアシステムわら細工ができるまではみんなボランティアでやってくれていた。ドタキャンはあった。民生委員にも花瓶の花をこぼしちゃったのを、ふいて片づけてもらったり。
山下:わら細工の発足の前から新坂光子さん・幸子さん姉妹と野島さんが他人介護加算、特別障害者手当とか出して、共同で有料の介護も多少やってたんだよね。
樋上:結婚していないと武里団地に入りづらいということで偽装結婚をしたけど、厳密には結婚まではしていなくて、婚約という形で同棲しているっていうことにしたら団地に入れたということ。だけど、野島さんが結婚式までやりたいって言ったことで結婚式をやった時は、本田勲さんから「樋上、結婚式までやったらそれは結婚詐欺だ」と言われた。その後武里団地からは何も言ってこない?もう20年くらい婚約してるよね?
野島:何も言われてない。

DSCN8230.JPG

質疑応答

日吉:自分が介助者を育てていくんだっていうのをすごく感じられるんですけど、そういう気持ちになったのはいつ頃から?
野島:30歳くらいの頃。若い時はやる気があったし。

辻:若い子たちに、電話番号は必ず聞くんだよとかポイントとかアドバイスがあったら。
野島:趣味がなんなのか聞く。相手と一致したら電話番号を聞いて、出かけたりして。
日吉:見習おうと思っても、野島さん自体が持っているもの、性格だったり積み重ねてきたテクニック、私には真似したいけど真似できない。相手との距離感とか。
大坂:おばちゃん感覚というの。恥も外聞もなくって言うでしょ。気恥ずかしいとか。それを投げ捨ててるのか最初から持ってないのかわからないけど。ちんどんパレードでバニーをやったり、あそこまでできないっていうのを自然とやっている。

辻:介助の人とうまくいかなかったことも?
野島:自分が元気な時はいいんだけど、具合が悪い時はなんでこんなのがわからないのって言っちゃう。いちいち教えるのもめんどくさい。
山下:野島さんは介助者とマンツーマンで関係を持つだけじゃなくて、だいたい合宿とかバザーとかに誘ったり連れてきたりして、他の人もひっくるめた付き合いにしちゃうことで、野島さんの魅力が伝わっている感じがある。その人自体も野島さんに行くところで広がりができる。今まで関わった介助者数えたらすごいと思う。1000人くらいいるかも。

門間:私も家での生活がメインで、1対1だったり2対1だったりするけど、ざっくばらんに話せない。なかなかお互いに踏み込めないところが結構あるので野島さんはすごいと思う。20年くらい一緒に接してもまだ抵抗があるというか、そこまでいけない。
大坂:バニーにならないと。

DSCN8221.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント