共に働く街を創るつどい2019 パネル 「省庁・自治体の障害者雇用は 共生・共働社会を拓くか?」 12月8日(日)…

12月8日(日)、越谷市中央市民会館での「共に働く街を創るつどい2019」を開催。 パネリストのトップは、埼玉県庁の正規職員で聴覚障害者の清水さん。 県の障害者雇用要綱にある「配慮に努めるものとする」という記載と改正障害者雇用促進法の「合理的配慮」とは似て非なるものだと述べる。その鋭い感覚の底には清水さんの小学校時代からの体…
コメント:0

続きを読むread more