12.8(日) 共に働く街を創るつどい2019 「省庁・自治体の障害者雇用は 共生・共働社会を拓くか?」へどうぞ!

 表紙.jpg
今度の日曜日 12月8日(日)13:00~15:50 越谷市中央市民会館5F第4、第5会議室です!
 共に働く街を創るつどい2019 「省庁・自治体の障害者雇用は 共生・共働社会を拓くか?」

 パネリストは県庁職員として働く聴覚障害者・清水克彦さん、来年市からプラスティックリサイクル事業の受託を準備中の日野市のNPO法人やまぼうし・伊藤勲さん、岩槻でも始まった大企業の雇用率代行ビジネスの問題を世に問うた毎日新聞記者・山田奈緒さん、そして当会の就労移行支援「世一緒」利用者・佐藤秀一さんと支援員の大塚眞盛さん。

 コーディネーターは、おなじみ埼玉県立大学副学長の朝日雅也さん。

 コメンテーターとして、越谷市人事課副課長・小田哲郎さん、同市障害福祉課副課長・山川洋次郎さん、越谷市職員組合をお願いしています。
 
目次.jpg
 現在、パネリスト各位からいただいた資料を含め、資料集を編集中です。

 昨年夏、省庁・自治体の障害者雇用水増しが発覚し、県教委や越谷市でも水増しが行われていました。
 これをきっかけに省庁・自治体では障害者雇用に力を入れ、その際雇用促進法改正に対応した欠格条項の廃止や合理的配慮に取り組んでいるところです。

 しかし、現実には正規雇用の部分ではどれほど合理的配慮がなされたか危うい実態がある一方、多数の雇用を進めるため非常勤、臨時職員の採用に力が入れられており、そこでは雇用の継続やステップアップに厳然とした壁があります。とはいえ、雇用率達成を確実にしてゆくためにも、これらの非正規職員の雇用の継続とそのための人的支援を含む合理的配慮があちこちで試みられてもいます。

 高度成長からバブル期の民間企業は、人手が不足した中小・零細で知的障害者や重度障害者を含むさまざまな障害者を、カウントせず戦力として鍛えながら雇って来た半面で、大企業は納付金を払って雇用義務を果たして来ませんでした。

 21世紀に入り、情報公開により企業の雇用率が白日の下にさらされて以来、大手企業は「社会貢献」、「ダイバーシティ」などの名の下に、雇用率達成に努めるようになり、同時に非正規雇用や特例子会社の形で多数の障害者雇用を進めるようになりました。そこで雇用された障害者の多くが、それまで非開示で一般雇用されてきた精神障害者、発達障害者でした。これに併せて、障害者自立支援法、総合支援法により、就労移行支援や就労A型といった福祉サービスが導入され、やはり精神障害者、発達障害者が主要なターゲットとなっています。こうした非正規や福祉的な障害者雇用が進む一方で、それでも大企業は障害者雇用を負担と感じており、エスプールプラスのような代行ビジネスが高い収益をあげているといった現実があります。

 省庁・自治体が雇用率達成のために試みている障害者雇用の中身は、既に民間企業が多様な形で進めてきた雇用形態の踏襲のように感じられます。とはいえ、他方では、公務員の正規雇用には厳密な縛りがあり、まずはできるところから実績を重ねて行く必要もあると感じます。
 それでも、省庁・自治体の雇用は、民間企業のお手本となるべきことが法に定められています。そのために今できることは何か、埼玉県の正規職員である清水さんの現場からの報告、さらに当会も参加した総合県交渉で明らかになった県・県教委の多様な障害者雇用の実態を踏まえて考えます。

 また、自治体は直接雇用だけでなく、間接雇用(委託、指定管理での雇用)も行っています。そこでの課題を、NPO法人やまぼうしの伊藤さんの報告を受けて考えます。

 毎日新聞社会部記者・山田さんからは、代行ビジネスといっても月給11万円が保障される雇用機会の提供は、障害者、家族、支援者にとって喜ばしいことではないのかという観点で、さいたま市も協定を結んでいることなどに対し、各地での取材、そして障害者家族でもあるという立場から報告をいただきます。

 そして当会の佐藤秀一さん、大塚眞盛さんには、実際に企業実習を行い、不採用になった体験を踏まえて、いまできることは何かを話してもらいます。
155956798665937590178_DSCN6411.jpg
 これまで、省庁・自治体の雇用と民間雇用はせいぜい並列でしか論じられてこなかったと思います。しかし、実は地下茎でつながっており、不可分のこととして考えてゆくべきです。(上の写真は6月に行った当会定期総会記念シンポ。越谷市からは今回と同じお二人がコメンテーターでおいでいただいた。)

 今回のつどいはその一歩。みなさん、一緒に考えましょう!シェア歓迎です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント