わら細工ニュース4月号 パロディ仕様で発行

画像
ケアシステムわら細工の封筒を開けたら、いつものようにカラーの「わら細工ニュース」ではなく、今月はモノクロ。しかもなに?!「月刊わらじ 4月号」とあるではないか?!」ただ「じ」という字をよく見ると「細工ニュース」と読める。また「通巻 USO800号 1990年4月1日 第三種郵便物未認可」となっている。

 編集後記に 「四半世紀を経て、他人が作る『ゆか〇い』的なモノを手伝うとは思いませんでした 51」とある。「ゆか〇い」とは、その昔わらじの会の中の秘密組織がエイプリルフールになると、地下に潜伏し不眠不休で作成し、突如として会員宅に投げ込んで行った月刊わらじの伝説の非合法パロディ版。共謀の地下水脈は絶たれていないのか。
画像
 この「月刊わら(細工ニュース)」の記事には「嘘」はあまり載っていないが、「月刊わらじ 4月号」の特集が「ずっとうそだった」だったことにからめたいわば「なりすまし版」。

 本家の「小さな新聞」が、ここでは「川ざかな新聞」となり、「NPOかがし座の魚事情を追え!」という記事が載っていたりもする。「隠居のくりごと ざれごと日誌」は「篤哉のつぶやき日誌」になっている。
 共に生きる面白みっていうのは、不利益がないように補うっていうようなことじゃなくて、葛藤のさなかで怒りながら、泣きながら、でもとりあえず折り合ってまた生きていく落語世界のような現実にあることを実感させてくれる誌面だ。
画像
 なお「克己絵日記」が「ミッキー絵日記」となり、タイトルが「むねさげのミッキー」となっており、北越谷の棟下式イベントに行ったと書かれていたことから、一寸気になっていたが行けなかった棟下式とねぶくろシネマのfacebookページをシェアしてみた。ポラスグループ、面白いことやってるな。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック