ワークショップ&トークイン「子どもの育ちとインターネット」のお知らせ

              
      ワークショップ&トークイン「子どもの育ちとインターネット」
      11月15日(日)13:30~16:30 会場:川口市前川公民館視聴覚ホール
  川口市前川町4-612 048-265-6414
 〈バス〉蕨駅東口5番乗り場より(川05)川口駅東口駅行(前川天神橋経由)、(蕨01)上根橋循環、(蕨01-2)網代橋経由 上根橋どまり「前川公民館」下車
      参加費(資料代):500円(ノーマライゼーションブックレット「子どもたち
        は、いま」門平他著・社団法人埼玉障害者自立生活協会編)

第1部 13:30~
ワークショップ 「ゲーム空間へのご招待」

画像 ゲーム、ネットってなんだろう?ここではホール全体を使って、ゲーム空間、ネット世界へ旅をしていただきます。子どもも大人も一緒になって参加できます。ネットを知らない人も大丈夫。ゲームの達人も楽しいよ。参加した人達が互いに出会い、協力し合うことによってゴールをめざす、不安と迷い、希望と喜びのつまった体感型のプログラムです。ここをくぐりぬけて、第2部へ入りましょう。
第2部 15:00~
トークイン 「子どもの育ちとインターネット」
   案内人:門平 公夫さん(元児童相談所ケースワーカー)
ここでは、第1部の感想をまじえて、語りあいます。ゲーム、ネットというバーチャルな世界で語り合える相手をみつけたり、ひといきついたりしている子どもや大人が急増しています。現実の社会で居場所を見出せない子どもたちの毎日は?漂流する子どもたちと向き合えない大人たちの暮らしや働きかたは?生身の人と人が出会い、共に悩み、失敗しながら、人生を、街を創ってゆく道はどこに?
語り合いが苦手なら、ゲームをしていてもかまいません。そんなひらかれたトークインです。

画像
※写真は3月に埼玉県民活動総合センターで開催された「こども★夢★未来フェスティバル」に社団法人埼玉障害者自立生活協会として、ブックレット「子どもたちは、いま」の普及を兼ねて参加した時のようす。写真上は、射的。写真下は門平公夫さんと若者のトーク。)

 このワークショップ&トークインの結果は、http://yellow-room.at.webry.info/200911/article_17.html で報告しています。

主催:特定非営利活動法人リンクス
共催:社団法人埼玉障害者自立生活協会
問い合わせ:ねこのて(障害者地域活動支援センター)
      TEL 048-261-5667 FAX 048-261-5714
office@kuroneko.or.jp
または社団法人埼玉障害者自立生活協会編集部(山下)
      TEL048-737-1489 FAX048-736-7192
waraji@muf.biglobe.ne.jp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック