共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す

アクセスカウンタ

zoom RSS 秩父・四阿屋山、早春の花々

<<   作成日時 : 2017/09/01 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

                           四阿屋山 山頂付近
画像


秩父・四阿屋山、早春の花々。10年前、まだ連れ合いが山を覚え始めたころにも出かけた地へ再び。あの時は自車で来たが、この頃はほぼ最寄駅からタクシーで登山口へ、運転手さんとの会話を楽しみに。

当時は三峰山ロープウェイが廃止されたり、旧両神村が小鹿野町に組み込まれて間もない頃。その結果は…タクシーの利用客は大幅減で4台あった車を2台に減らした。小学校は廃校になり、やがて中学校もなるだろう。年寄りは両神村のほうがよかったと言っている。

それと関係があるかどうか、山で会った人も前より少なかった。
間近にたぶん8年くらい前に登った二子山が屹立。まだ岩に慣れてなかった連れ合いが、下にいた私と上にいた見知らぬ男性からアドバイスされながら登ったなあと懐かしく。

                               ミツマタ
画像



その静けさの中に早春の花々が。山ではミツマタの黄色い花が、青空をバックに鮮やか。昔和紙原料として栽培していたのが増えたのだろうか。

                             フクジュソウ
画像


                             セツブンソウ
画像


                             アズマイチゲ
画像



 帰りは、里山の雑木林の中に自生していたキンポウゲ科の花々を地元で保護し育ている所に寄り、フクジュソウ、セツブンソウ、アズマイチゲに出会う。その花を育てている人が、私たちが山で見た大量の糞の主はタヌキ一家だと教えてくれる。

                              タヌキの糞
画像


                              コーヒー淹れて
画像


                           二子山 高校時代から憧れの
画像











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秩父・四阿屋山、早春の花々 共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる