共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す

アクセスカウンタ

zoom RSS 新体系施設への移行を考える寸劇―震災との対比で問われる制度

<<   作成日時 : 2011/05/14 00:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
このところ被災地支援の「ゆめ風基金」カンパ活動にがんばっているくらしセンター・べしみの面々。
…と、そこへ施設の監査を担当する県の職員が実地指導に来て、カンパはストップ!?
もちろんこれはドラマ。障害者自立支援法に基づく新体系への移行期限が迫ったべしみで、移行後の問題点を探る寸劇が上演された。

べしみが生活介護、就労継続B、就労移行支援の多機能型事業所になったらという設定。一見いろいろなことができそうだが、実は通所者、職員が各事業にふりわけられ、ごちゃごちゃと一緒に動くことが「不正」とみなされかねないという制度のおかしさがえぐり出された。

4月6日に、60人が参加して開催された「べしみをくっちゃべる会」のワンシーン。

べしみとの関わりの濃い、薄いにかかわらずいろんな立場の人が集まり、グループに分かれて意見交換した。

震災で地域の重要性が再認識されているのに、いまだに効率を重視し人を分ける福祉制度が変わらないことへの憤りや提案などがこもごも語り合われた。

地震、津波、原発事故が重なり、被災の拡大深化と復興が同時進行の日本……人と人がいかにしてつながりうるか、すべての場で問われている。
(月刊わらじ4月号表紙より)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新体系施設への移行を考える寸劇―震災との対比で問われる制度 共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる