テーマ:生活史

橋本画伯の母・ミツエさん 生きざまをさらす 「子どもも年よりも働いていたあの頃」

 眼病に悩む人々を癒していた祖母と母 おばあちゃんは、うちの土間でいすに腰かけて、機織り。反物…銘仙織ってたって、わたしは覚えてないけどね、聞いた話では。母親はやってなかったね。母親は近所の田んぼの田植えとか、ないとり(苗取り)とか、あとは山へきのことりとか。そういうの、一緒に行ったから知ってるんだけどさ。 あとは山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族はいかに生きてきたか―橋本画伯の母・ミツエさんに聞く 1

幼いころの体験 - 糸繰りしてて亡くなったおばあちゃん  栃木県足利市五十部(よべ)町東山っていうところで生まれたの。昭和4年4月18日。  おぎょんってあるでしょ。おぎょんって言って、7月の天王さまのおまつり(祇園祭)ね。大人じゃなく、子どもがみこしかついで、一軒一軒うちに来るのよ。かついでくると、お金をいくらかでも渡してさ、一軒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more