テーマ:環境

秩父・四阿屋山、早春の花々

                           四阿屋山 山頂付近 秩父・四阿屋山、早春の花々。10年前、まだ連れ合いが山を覚え始めたころにも出かけた地へ再び。あの時は自車で来たが、この頃はほぼ最寄駅からタクシーで登山口へ、運転手さんとの会話を楽しみに。 当時は三峰山ロープウェイが廃止されたり、旧両神村が小鹿野町に組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年度事業:すいごごカフェ 有機農業者・倉川さん迎えスタート

障害者職場参加ビューロー・世一緒の新年度事業の一つとして今日からスタートした「すいごごカフェ」。ゲスト(街の仕事人)トーク前の肩慣らしに橋本克己画伯の短い手話タイム。そして、第1回のゲストは有機農業者の倉川秀明さん。「さまよえる有機農業」と題し、乱開発進む越谷で10年目にして4回も畑を移さざるを得ない厳しい状況の下での取り組みを語る。ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに眺める庭の春ー草花の歴史

                                               タツナミソウ。ドクダミに支えられて。   久しぶりに眺める庭の春。橋本克己画伯の父・故己代司さんが1980年代にわらじの会の在宅障害者たちの露店向けに提供してくれた野草のうち、タツナミソウとホウチャクソウはまだ生き残りつぼみをふくらませて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共に働いて地域を耕す」― 「逃げないで」三井絹子さんメッセージも やまぼうし伊藤さん招きシンポ

1. 入所施設必要とせぬ地域へ―やまぼうしの原点 12月18日に開催した「共に働く街を創るつどい2016―共に働いて地域を耕す」の速報。 初めにNPO法人やまぼうし理事長・伊藤勲さんから、東京の日野、八王子での40年にわたる歩みの報告をいただいた。入所施設から街へ出て地域で生きるために街道沿いに開いた自然食の店。そこを拠点とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more