テーマ:子供

5.9共に学び・育つ TOKO野外おしゃべり会ご案内

年度が替わって1ヶ月―さまざまな思いや出来事とともに 今年もやります !!野外おしゃべり会(写真は昨年の野外おしゃべり会・会場は同じ) 共に学び・育つ TOKO野外おしゃべり会 5月9日(日)10:00 春日部市・内牧公園バーベキュー広場 新緑の中、家族や友だちと一緒に、子どもも大人も、遊んだり、食べたり、おしゃべりしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回 わらじ市民福祉講座「がっこのセンセーはいま」

「がっこのセンセーはいま」 お話:わらじ虫・ハギワラさん(小学校教員) とき: 4月24日(土)午後2時~4時半 ところ:春日部市健康福祉センター・ゆっく武里2階(春日部市武里団地内)     会費:200円 主催・わらじの会  問合せ・048-737-1489(黄色い部屋) 新しい年度が始まって半月、まだあわただし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地域で生活し、学ぶことの大切さを共に確認する。」から始まった高校問題交渉―23年目

 どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会 今春の入試―朝霞の田中さんは合格、5年目の坂戸の吉井くんは今年も切り捨てられた。写真は昨年大宮商業定時制を卒業した斉藤くん。彼は5年目にやっと入学したが、4年の終わりになって「生活進級だから1年生のまま」と宣告されたが、協議の末卒業を認められた。  希望する生徒はすべて受け止めよと、教育局交渉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神科診療所から見る世間―学校編

昨年11月に、県立大学清透祭の軽喫茶わらじで開催した市民福祉講座第1回・小原基郎さん「診療所から見る世間」の記録。 小原さんは、はじめにこう語られました。「私はやっぱり診療所で患者さんの話を聞いて患者さんの何が今問題になっているかを医者が把握して、それを患者さんに「こういう点で困っているんですね、辛いんですね。」ということを分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サクラ散る」 2.24日高高校と県教育局に交渉(速報 その2)

 3)「定員内不合格は法令違反ではなく、学校名公表により、学校の序列化など誤った風評被害が発生する危険もあり」と5日回答したことについて  「法令違反」云々は、前々回の交渉で、「懲戒処分にせよ」という要望が出たことを念頭に置いたのであり、「定員内不合格はあってはならない」という方針は変わらないと、いいわけしていました。「なぜ定…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「サクラ散る」 2.24日高高校と県教育局に交渉(速報 その1)

 「サクラ散る。」   2月24日(水)午前9時。県立高校前期入試の合否発表の朝。日高高校を受けた吉井英樹くんの母・真寿美さんからの短いメール。  はや5年目の春。重複障害の英樹くん。小・中学校で近所の友達と一緒に学び・遊び・けんかし、そうした関係が何よりも大切と、県立高校にチャレンジし続けてきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校を共に学ぶ場に!入試合否発表の24日公開質問状の答を聞きに県に行こう

 2月24日(水)午後1時半より、どの子も地域の公立高校へ埼玉連絡会として、22日(月)に県教育局に提出した公開質問状の回答を聞きに行きます。急ですが、参加を呼びかけます。  午後1時 県庁第2庁舎アンテナショップかっぽ前集合・打ち合わせ  回答を聞く会場は第2庁舎横の県民健康センター中会議室 です。       …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2.20 市民福祉講座 「95歳の証言ー障害のある息子と生きるとくさん」 のご案内

 わらじ市民福祉講座、精神科医の小原さん、感染症研究者の母里さんに続く3人目は、日本の障害者運動の草分け・八木下浩一さん(写真右)の母・とくさん(写真左)にご登場いただきます。 障害者運動の草分け・八木下浩一の母(95歳)が語る 「街で生きな、こーちゃん」 日時:2010年2月20(土曜日)14時より16時30分 (13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入試直前・どの子も地域の公立高校へ!2.5県教育局交渉へ参加を

 日が迫っていますが、5日(金)に、北浦和の労働会館で15:00から、どの子も地域の公立高校へ!埼玉連絡会(斉藤尚子代表)と県教育局の交渉が開かれます。今年度の入試では、これまでの要領・要項が大きく変わり、調査書のすべてが点数化されるとともに、各高校の選抜基準が公開され、点数競争に拍車がかけられます。その中で、障害のある生徒については、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

32年目―障害のある人もない人もみんな一緒のクリスマス

障害のある人もない人も地域で共に生きようと活動しているわらじの会 その32年目の「みんな一緒のクリスマス」速報です。 定番の立食パーティー。すべて持ち寄り。生まれて初めて卵をゆでたり、おにぎりを作って持ってきた人も。 でも、みんなの持ち寄りを組み合わせると、とても豪華なメニューになりました。 クリスマスというのはキリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育を必要とする生徒達を切り捨てる 県立高再編見直しを! 埼玉県に要望書

 最も教育を必要とする子を切り捨てる 県立高校再編計画見直しを! 本日、どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会(斉藤尚子代表)と埼玉障害者市民ネットワーク(野島久美子代表)が共同で、埼玉県教育局に対し、同局が進める県立高等学校の後期再編整備計画を全面的に見直すよう、以下の要望書を提出しました(写真は埼玉県庁)。   県立高等学校…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

バーチャルな旅だったのか?「子供の育ちとインターネット」ワークショップ終わる

F氏を待ちながら……ゲームなのか・現実なのか?  サミュエル・ベケット作の演劇「ゴドーを待ちながら」では、「ゴドー」と いう人物は、幕が下りるまで現れないで終わります。  今日開催された「ワークショップ&トークイン・子供の育ちとインターネ ット」では、第1部のゲームの担当者であるF氏が30分過ぎても現れず、 急遽第2部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重い障害のある生徒 県立高校でも受けとめて!(埼玉県教育局と交渉しました)

 11月12日(木)14:30から17:00、北浦和の県労働会館で、どの子も地域の公立高校へ埼玉連絡会(斉藤尚子代表)と県教育局との交渉が行われました。http://yellow-room.at.webry.info/200911/article_4.html  この交渉の焦点は、小・中学校段階で、教育委員会からは「本来ここにくる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会と県教育局の交渉へのお誘い

 11月10日(火)14:30~17:00 於・労働会館( さいたま市浦和区常盤9丁目24-13; 048-832-2151 ; 最寄り駅: 北浦和; アクセス: 北浦和駅から徒歩約10分.) 主催:どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会(問い合わせ:048-737-1489 または090-2421-6569 山下)  高校進学率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワークショップ&トークイン「子どもの育ちとインターネット」のお知らせ

                     ワークショップ&トークイン「子どもの育ちとインターネット」       11月15日(日)13:30~16:30 会場:川口市前川公民館視聴覚ホール  川口市前川町4-612 048-265-6414  〈バス〉蕨駅東口5番乗り場より(川05)川口駅東口駅行(前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域で共に学ばせたい!相談者が14組も

 10月30日(金)10:00~14:30、TOKO(わらじの会・どの子も地域の学校へ!公立高校へ!東部地区懇談会)主催の「共に学び・育つための就学相談会」が越谷市北部市民会館で行われ、4市1町から14組(親子で見えられた方も数組)の相談者の方々が参加されました。就学相談会の情報をどこで知ったかお聞きしたところ、新聞で見た人が7人、くち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害のある子もない子も共に学び・育つための就学相談会のご案内

障害のある子もない子も共に学び・育つための就学相談会のご案内  「行楽の秋」、「実りの秋」、「読書の秋」、「スポーツの秋」…でも、この秋、「障害がある」とみなされた子どもと親にとっては、とても不安で迷いがいっぱいで、親子でひきこもってしまいたい気分にもなるくらい嫌な季節だったりもするのです。その頂点が11月に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more