健康日本一沢内村出身者の現在 2021.7.14 すいごごカフェ 藤原宏樹さん(べしみ非常勤職員)

DSCN9207.JPG

”いのちの行政”を行ってきた沢内村

 自分は8年前からくらしセンターべしみの非常勤職員として働いている。今日は私の故郷である、乳児死亡率が最悪だったけど、保健・医療を一体化し乳児死亡ゼロを達成して健康村と有名になった岩手県沢内村(さわうちむら)(現・西和賀町)の話を。

 現在は地域包括医療の先進事例として評価されている沢内村だが、1950年代後半までは豪雪、貧困、多病の村といわれていた。こうした状況を打開しようと、1957年(昭和32年)村長に当選した深沢晟雄は、「自分達で自分達の生命を守る」ことを住民と行政の共通課題として掲げ、社会教育を基盤にした村づくりを展開した。

DSCN9210.JPG

岩手県と乳児死亡率

 乳児死亡率は、その社会の健康状態を示すバロメーターと言われている。1950年(昭和30年)の乳児死亡率は、全国平均39.8%に対し岩手県は64.9%だった。多くの山村では助産婦もおらず、1955年頃の岩手県では11.5%が無介助分娩だったことも乳児死亡率を高める要因の一つだった。このような状況に対し、保健婦の増員が図られ、1952年児童福祉法により、黒石村(現・奥州市水沢)に全国で最初の公立助産所が創立した。私が生まれた1958年には岩手県の助産所がモデルとなり、国の施策として「母子健康センター」設置事業が実施された。この結果、無介助分娩が激減し、乳児死亡率も激減していった。

 県国保連は1957年「乳児死亡率半減運動10カ年計画」を作成し推進活動を開始。沢内村でも乳児検診や巡回指導が開始され、国保保健婦による献身的な活動が行われていった。昭和36年、村では乳児への国保10割給付を開始。また、秋田県から派遣された医師による週1回の産婦人科診療、妊産婦検診、歯科検診も軌道に乗った。給費派遣制度による看護婦養成、出張診療、助産費支給、巡回診療車両・雪上車の購入なども積極的に進められた。1960年12月からは老人医療費無料化、翌年4月からは60歳・乳児の医療費無料化も実施。こうした動きが実を結び、当時では予想できなかった全国初の“乳児死亡ゼロ”を岩手県は1962年に達成したのである。


医療費十割給付、成人保険・包括医療

 病気になっても経済的な理由により医療の恩恵に恵まれない高齢者や乳児が多い実情を受け、沢内村では1960年(昭和35年)12月より65歳以上の高齢者に対し「老人健康管理無料診療」、翌年4月からは60歳以上と乳児に対し国保の10割給付を実施。これにより受診者数は3年で5倍以上に増加し、高額医療が必要になる前段階での治療が活発になり、更に予防活動や検診活動も相まって、高齢者医療費の抑制につながった。

 1963年には沢内村に健康管理課が設置され、保健・医療の一体化が進められる。沢内村では全村民の「個人健康台帳」を作り、検診を行うごとに記録して、村全体及び個人の保健サービスの資料として活用した。
 こうして、1962年に策定された「沢内村における地域包括医療の実施計画」により、「健やかに生まれる、健やかに育つ、健やかに老いる」を目標に掲げ保険と医療の一体化を図った包括医療の体系化は、“沢内方式”として地域包括医療のモデルとなり国内外に大きな影響を与えた。1963年には、村は保健文化賞を受賞することとなった。

DSCN9217.JPG

自分・家族の話

 自分が大学生の時はバイトばかりの生活だった。その後は挫折の連続で。教師と警察が親族に多かったこともあって最初は教職を目指したんだけど、挫折して一般の企業に内定した。しかしそこを断り、岩手大学の聴講生になった。その後、大学卒業を機に村を離れて就職浪人もしたんだけど、結局教師にはならず。アルバイト先のゼネコンで図面を引く仕事をしたり、保険会社で法人向けの保険を売りに会社回りをしたりしていた。だけど営業は向かないと思い、最終的に電子部品系の会社での品質管理の仕事や、自動車工場で働いていた。

 妻は、喘息と症候性PBC(SPBC:症候性原発性胆汁性肝硬変)という原因不明の難病にかかった。胆汁が流れない、肝臓が壊死して、肝硬変などで亡くなることが多い病気なんだけど、現在は寛解。姉はパーキンソン病で要介護2になった。現在休職中で、精神的な落ち込みがある。岩手にいる93歳の心臓病の母親は何とか自立して一人暮らししているが、私自分も3年前には血圧の上昇と腰痛のために救急車で運ばれたこともあり、今後の新たなケアプランを計画中。

DSCN9215.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント