どこから来てどこへ 2021.6.2 すいごごカフェ 愛沢新一さん(べしみ通所者)

DSCN9077.JPG

べしみ職員の田名部さんが作った資料より

 昭和43年(1968)年12月3日、越谷生まれ。6歳より松伏に引っ越し、松伏育ち。3人兄妹の長男。春日部養護学校卒業後、「自立村をつくる会(杉戸町)」に約2年間通所。その後「かるがもセンター(松伏町)」「ゆめみ野工房(松伏町)」に通所する。仲間と楽しく活動していた。2013年9月糖尿病で入院、同年11月末退院後、越谷のグループホーム「みつば」に入居。12月生活介護「くらしセンターべしみ」に通い始める。主に「はたらく」活動に参加。除草作業・リサイクルショップお店番・値付け作業・米配達・ポスティング・陶芸・県庁ショップ「かっぽ」店番等。2020年12月よりスイミングを始める。また、わらじの会の行事参加や越谷市就労センター・地域適応支援事業の職場実習に参加経験がある。

DSCN9066.JPG

新一さんによる自分語り

 昭和43年(1968年)、越谷生まれ。松伏に引っ越してきました。松伏小学校です。おとなしかった。1年生の時大宮公園へ遠足へ行きました。小学校の時体育と音楽がとても好きでした。6年生の時、運動会とても頑張りました。修学旅行は箱根です。ロープウェイも乗りました。松伏中学校では剣道部でした。2年生は美術やりました。絵を描きました。体育と音楽とても楽しかったです。卒業旅行は京都と奈良、新幹線で行きました。
 松伏中学校を卒業してから春日部養護学校、バスに乗って北越谷から電車に乗って春日部について、学校まで歩いていきました。2年生はさつまいも植えました。プールも入りました。1年生、2年生、3年生で陶芸をやりました。あと、3年生の修学旅行、岩手と仙台行きました。仙台は松島と伊達政宗見てきました。とっても楽しかったです。
 春日部養護学校を卒業してから、草木染めをやってました。杉戸やめてから、かるがもセンターで釘打ちの仕事、編み物、朝のラジオ体操一緒にやりました。はじめて給食食べました。おいしかったです。みんなと別れてから、みんな一緒にゆめみ野工房で働いていました。仕事いっぱいありました。パン作ってました。コーンパンとチョココロネと食パンとか練ってました。あとチーズを量りました。かるがも、ゆめみの、とっても楽しかったです。

DSCN9050.JPG

質疑応答

自分の生き方に自信を持ちたい

田名部:自分が糖尿病で入院していた時に母親も救急車で運ばれて、それで亡くなったと。
愛沢:お父さんも2021年に83歳で亡くなった。2人亡くなったのでとっても寂しいです。
田名部:新一さんはガーヤちゃんとかマップー君とか地元のゆるキャラが大好き。イラストがうまくて、今日持ってくるつもりだったんだけど。携帯を持ってからはカメラで撮影するのが好きなのかな。
愛沢:壁紙にしているのはうちの母さんたち。お母さん好き。長生きしてほしかった。
田名部:ポスティングなどの外作業が好きで誇りを持ってる。もっとやりたいんだよね。
日吉:「みつば」の生活ってどういう感じ?ご飯とか洗濯とかはどういうふうになってる?
愛沢:ご飯は夜と朝。作ってくれる。松伏にいるとき、実家にいる時は作ってた。グループホームでは作ってもらってる。メニューはわからない。献立ないし。洗濯は自分で。松伏でもやってたし。お風呂も一人で入る。
田名部:新一さんは糖尿病があるからどうしても制限があるからね。お昼は外で買ったり結構自由に食べてる。気を付けていることありますか?
愛沢:野菜を必ずとる。薬は朝だけです。
田名部:グループホームが苦手な理由は?
愛沢:K君。けんかにはならない。でも、いないでほしいという思いが強い。独り言とかおしゃべりがうるさい。入居してからずっと我慢している。8年間。
西陰:土日は自由に過ごせる?
愛沢:図書館に行ったり、日曜日は妹のところに行ってくる。
田名部:「みつば」で施設の目標を書いてるんだけど、自分の生き方に自信を持つって書いてあった。自分で動くことを大事にしている。
澤:グループホームに8年暮らす以前はご自宅?
愛沢:松伏の自分ち。犬も猫も飼っていて、お母さんとよく一緒に散歩に行っていた、お父さんとは魚釣りに行った。今でも犬を飼いたい。
澤:グループホームを選んだのはなぜ?
愛沢:病院の先生が無理やり決めてた。
田名部:彼にとっては無理やりなんです。納得していない。本当は松伏の実家に戻りたかった。糖尿病が一番の理由な気がするけど。
愛沢:自分ちがなくなっちゃって寂しい。
澤:自立して自分で一部屋借りて暮らすって選択肢ってこれからはないんですかね。
愛沢:ない。
田名部:内容たぶん把握してない。愛沢さん、アパートで独り暮らしはどうかって。一人暮らしと言ってもそれは頭にないかもしれない。
愛沢:お嫁さんほしいです。松伏からの友達。
澤:相手の方も結婚願望があるの?
愛沢:わかんない。
田名部:幼馴染です。小学校で知り合って、それでゆめみの工房で再会して、ずっと一緒だったんだよね。
樋上:新一さんをたまたま見ることが多い。ひたすら歩いているのは新一さんだけだと思う。
愛沢:図書館に行くときに樋上さんと会いました。東越谷の図書館。
友野:私も大袋で見たことがある。
吉原:グループホームから松伏の緑の丘公園に歩いて行ったって本当ですか?
愛沢:行ったりしました。でもタローズバスに乗って。
山下:わらじの会より早くに活動の場を作ってやっていた自立村(杉戸)に最初通っていたんだよね。そこからなんでかるがもセンターに行ったの?
愛沢:地元の松伏で働きたかったから(かるがもセンターができたから)。
黒田:これから先どういうことをしていきたいかちょっと言ってください。
愛沢:わかんない。草むしり頑張る。

DSCN9055.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント