親として支援者として 2021.3.3 すいごごカフェ 阿久津和子さん(相談支援「世一緒」) 後編

前編→https://yellow-room.at.webry.info/202106/article_5.html サービスをコーディネートする側として  高齢福祉と障害福祉の違いというと、困ったところを制度でカバーするという面は一緒。でも、いろいろ立場立場で違うのかもしれないけど、提供する側、サービスをコーディネ…
コメント:0

続きを読むread more

親として支援者として 2021.3.3 すいごごカフェ 阿久津和子さん(相談支援「世一緒」) 前編

目から鱗! わらじの夏合宿と出会って  息子の康仁は昭和63年生まれで今32歳。生まれつきダウン症。3か月たってから呼吸困難が起きて、10か月以上慶応病院に入院した。今とは違って30年前は人工呼吸器をつけるとおうちには帰れなかったからね。退院してからも通院と、入退院を何回かした。  3歳の時、あけぼの学園(越谷市の肢体不…
コメント:0

続きを読むread more

今までの足跡をふりかえって 2021.2.24 すいごごカフェ 半田清雄さん(NPO地域自立支援グループあん) 後編

前編 https://yellow-room.at.webry.info/site/pc/preview/entry 質疑応答 地道な運動をいかに反映させるか 大塚(眞):実態調査は、基本的に調査されるのが障害者の親。親がどう感じるかによって障害者の待遇が決められてしまうので、“自分たちのことは自分たちで決…
コメント:0

続きを読むread more

今までの足跡をふりかえって 2021.2.24 すいごごカフェ 半田清雄さん(NPO地域自立支援グループあん) 前編

二人を偲びたい  養護学校に勤めていたが、定年退職して8年目。今メインでやっているのは、鴻巣市にあるNPOの地域自立支援グループあんの理事兼ヘルパー。テレサの役員(監査)と、山下さんとの関わりで一般社団法人埼玉障害者自立生活協会(社団)の役員と監査もやっている。  これから話すのは金子和弘さん、八木下浩一さんのお二方のこ…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ情報を読み解く 2021.2.17 すいごごカフェ 水谷淳子さん(耳鼻咽喉科開業医) 後編

(前編からの続き) ワクチン接種の選択は“努力義務”  なぜ日本を含む東南アジアで重症化が少ないか。コロナっていう風邪のウイルスっていろんなものがあるんだけど、今までわかっているコロナは今回で4種目。普通のコロナにかかっている人は免疫の記憶を持っていて、同じようなウイルスの免疫記憶を持っている人がやっつける働きがある…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ情報を読み解く 2021.2.17 すいごごカフェ 水谷淳子さん(耳鼻咽喉科開業医) 前編

そもそも正確なデータがない中で…  コロナに関してはすいごごカフェで話すのは今回で3回目。変異ウイルスが来るのが怖いって言われているけど、ウイルスはもともと変異するもの。そして、遺伝子変異は死亡率には関係ない。ウイルスが重症度を強くしていくと人間の方が死んじゃうから、ウイルスが生き延びるためには、人間が死なないように変異し…
コメント:0

続きを読むread more