新型コロナ情報を読み解く 2021.2.17 すいごごカフェ 水谷淳子さん(耳鼻咽喉科開業医) 前編

DSCN8506.JPG

そもそも正確なデータがない中で…

 コロナに関してはすいごごカフェで話すのは今回で3回目。変異ウイルスが来るのが怖いって言われているけど、ウイルスはもともと変異するもの。そして、遺伝子変異は死亡率には関係ない。ウイルスが重症度を強くしていくと人間の方が死んじゃうから、ウイルスが生き延びるためには、人間が死なないように変異していくため、重症度は低くなっていく。病原の強さっていうのは。あんまり問題ない、とウイルス学では言われている。
 検査数に左右されるので、正確な数がわからないんだけど。とにかくわかっている致死率は、日本と韓国と欧米のが少しあるんだけど、去年の7月からがーっと致死率が減っている。なかなかテレビに詳しい情報は出てこず、“すごい怖いものだ”ということだけをずっと言っている。後半で、なんで劇的な変化を起こしたか。軽症者や無症状者も検査を受けたので、軽い人までどんどん見つかっていることと、1年続くと治療も向上してきて感染対策も向上したからだと思う。あとは、時間が経つにつれてウイルスは感染力は高めていくんだけど、病原体の力が減ってきたのではと言われている。日本の最近3ヶ月のデータでは、80才以上の致死率は10.9%、70才代で3.8%。若い人は10人いってない。亡くなる理由は、コロナによるものか薬によるものなのかわからないんだけど。

 今年の2月8日の感染者は、東京都は276人で減っているように見えるんだけど、検査数による。PCR検査全員やるとパンクしちゃうから抑制しているから減っているように見えている。重症の人の数は減っていないわけだけど。不顕性感染がそもそもいっぱいいて、わかってる人の10倍くらいはもう感染済みなんじゃないかって言われているくらい。だから、今日は~人感染したって発表されてもあんまり信用しない方がいい。
 日本の免疫学の人は、東京とか都市部では新規感染者10万人当たり20~50人くらいで、その中で他人にうつすのは1割から2割だと言っている。感染して症状が出るのがインフルなんかはすごい早い。新型コロナは感染して症状が出るまでに4、5日~1週間くらい。発症して治っていく途中でも、PCR検査やるとちょこっとあったらプラスに出るけど、人にうつすぐらいではない。2、3日くらいすると感染する力がないと言われているウイルス。


コロナはワクチンが必要な感染症か

 ちょうど今日、医療従事者の約4万人を目途にしてコロナワクチン接種が始まった。でも、そもそもワクチンが必要な感染症なのか。ワクチンというのは100%安全じゃないから、メリットとデメリット(リスク)を量りにかけるわけだけども。WHOが世界の感染者致命率がだいたい0.14%であると発表したのだが、これは季節性インフルエンザの致命率より低い。それに、日本の致命率は世界全体の約10分の1。ウイルス学会学術集会では、長崎大小児科教授の森内浩幸氏が、子どもにとっては基本的に数年すれば普通の風邪のウイルスになっていくだろうと言っているけど、リスクがちゃんと伝わってない。
(出典:元研究開発者の日々の情報:長崎大・森内氏「子どもにとってのCOVID-19」【第61回臨床ウイルス学会】(2020年11月29日号 )|tama0827|note  
URL:htts://note.com/tama0827/n/n1940a6596c96)

 ワクチンというのは、安全かどうかを検査するのに治験したりして、できるのに早くて5年で、普通は10年くらいかかると言われているけど、今回のは遺伝子を利用しているので、あっという間に製造できる。問題になってから1年くらいでもうワクチンができたけど、検査数も治験もあまりにも少ないから問題だと言われている。
 ワクチンはファイザーが開発したんじゃなくて、ドイツが開発したのをファイザーが買い占めて販売している。ワクチンの効果は90%以上と言われているけど、普通90%というと、100人ワクチンをやったとしたら、90人はうつらないけど10人だけ症状が出る…そういうイメージを浮かべると思うんだけど、ワクチン有効率というのは違う計算をする。ワクチンを20000人は接種する人、20000人は受けない人で分けて、受けた人は8人発症。受けてない人は162人発症したと。実際はほとんどこれだけの差。8人に対して162人、だから90%守られるってみんなのイメージとのものすごい差がある。これは結構問題になっていて、ファイザーのワクチンの効果は本当は19%~29%ではないかと、イギリスの医師会雑誌(British Medical Journal)で、副編集長が問題提起している。

 それに、ファイザーの添付文書によると、ワクチンによるアナフィラキシーショックを起こす頻度はわからないと書いてある。だから、腎臓、心臓、血液などの疾患を有する人、過去にアレルギーがあった人、高齢者などは接種要注意者に載せられている。基礎疾患を持っている人はコロナにかかると重症化するって言われているんだけど、そういう人達は打たないでねってこと。
 一般的ににワクチンの副反応というのは、①すぐ出てくる。注射してすぐショックを起こして心肺停止になる人もいるわけだけど。それから、②2週間~4週間くらいで出てくるもの、③ワクチンを打った人が感染した時に出てくるものと、大まかに3つに分けられる。①の典型はアナフィラキシーショック。これが起こる頻度は、これまで開発されたワクチンでは100万回に数回というレベル。でも、今回の臨床試験は20000人にしかやってないので、アナフィラキシーが起こるかどうかの結果は見えてこない。
 ぼちぼちいろんな問題が出てきていて、イギリスでは2例のショック症状が出た。2つ目の副反応は副作用。2~4週間で出てくるのが神経障害とか末梢神経、ギランバレーとか。これも日数があんまり経ってないからよくわからない。
 ワクチンを打ったために抗体ができて、コロナにかかった時に逆に悪化する。これも日数が経ってないからどれくらい出るかわからない。SARSとかデング熱は、ワクチンを打つと、それにかかった時に重症化するからワクチンが作られなかった代表的な例。デング熱のワクチンというのは、実験的になんだろうけど、フィリピンの子供たちに治験したら、バタバタ子供たちがデング熱で死んじゃって。それでワクチン接種した子と未接種の子を比べたんだけど、接種した子がかえって重症化することがわかってワクチンが作られなかった。そういう経緯がある。SARSもそう。

DSCN8499.JPG

ほぼ人体実験なワクチンの治験

 アストラゼネカのワクチンについて、ドイツ、フランス、スウェーデン、ノルウェー、スイスでは65才以上の高齢者への接種を勧奨しない・中止方針。アセトラゼネカでは、1日4gずつ内服する治験をしたと。普通日本人なんかで使うのは1日の量にするとだいたい大人で1.5gくらい。それの倍以上使っているし、発熱と痛みがすごいらしい。
 ファイザーのワクチンも発熱するって結構有名なんだけど。ドイツ、フランス、スウェーデンとか高齢者でやったんだけど結果がよくないんで、中止している。ドイツで特別養護老人ホームでワクチンを受けた40人のうち13人が死んでる。全然効果がなくて死ぬ人が結構いて、ノルウェーでも高齢者42000人に打ったら30人が死んだと。
 日本では、そのワクチンを国で第一号の新型コロナワクチンとして特例承認しちゃった。インドでは見送っている。ニューヨークタイムズだから信用できると思うんだけど、その記事によれば、ワクチン接種後、口の中での多量出血が発生し2週間後脳出血で死亡した症例が報告された。現在まで、副反応申告システムに報告された事例は、36例。どうもやっぱり血小板ががーっと下がる人が結構いるんだということなんだと思う。自己免疫反応に異常を起こしているんだと思うんだけど、そういうのが結構報告されている。
 日本はまずもって20000人にワクチンをとりあえず打とうと。実際は40000人になったんだけど、オランダでは38000人の医師たちが拒否している。アメリカでも60%。日本は今日から国立病院の医療従事者を中心に最初20000人に接種予定だったんだけど、希望者が多くて40000人になった。正規の医療従事者の数が68000人。非正規の人も入れるとよくわからないけど、そのうちの20000人は副作用がどのくらい起きたかをデータを取る事になっていて、医療従事者はほとんど人体実験。20000人のデータが信用できるのか。1か月2ヵ月じゃわからないことがワクチンは多いので、あんまり急いで打たない方がいい。

 新型インフルが騒がれた時には、2ヵ月くらいの間に1500万回のワクチンが接種されたが、107例の死亡が報告された。ほとんどが60歳以上で優先的に打ってくださいと言われている基礎疾患を持っている人達。でも、ワクチン接種をやる利点はショックを起こすことのリスクを上回るって意見が多くて、ほとんどの人がそう言っている。
 1回目にかかった時にウイルスとかに対して免疫反応が起きて、それに対する抵抗力を持つ。それを抗体と言うんだけど、毎年インフルワクチンを打っても毎年かかっている人もいる。うつっても病気にならない人っていうのが結構いて、抗体だけじゃなくて、鼻から喉に吸い込んだものをやっつける自然免疫とか、ウイルスや細菌とまた戦おうってメモリーが残っている。今ワクチンって一般的なんだけど、生まれてから大きくなるまで40数回打つことになってる。私が子供のときと比べてすごく増えた。でも、ワクチン打つ子と打たない子で比べると、打った子供の方が病院にかかる回数が多いと。ワクチンを打たなくても人間の体ってうまくというか、もうちょっと自分の体を信用してもいいと思う。

(後編へ続く)

DSCN8508.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント