強いられた不妊手術 2020.10.7 すいごごカフェ 大坂富男さんトーク

大坂:まず、裁判のニュースの動画を見てもらいます。なぜこんな裁判をやらなきゃいけないのか。 【動画】北三郎さんの名前で訴える都内の77歳の男性は、昭和32年、14歳の頃に旧優生保護法によって不妊手術を強制されたのは重大な人権侵害で憲法違反だとして、国に3000万円の賠償を求めた。しかし、東京地方裁判所は「損害賠償を請求する権利…
コメント:0

続きを読むread more

「こんな所あっていいのか」 精神医療人権センターを立ち上げて 2020.9.30 すいごごカフェ 星丘匡史さんトーク

信じられない 精神科病院という世界  最初に精神科の病院で看護助手として働き出したのは28年前。精神科病院のことは全然知らなかったんだけど、実際入ってみたら管理の仕方がえげつなかった。その頃は、外出や外泊ができる患者さんはほんの一部。散歩に行くのも、屋上に出ることすら年に1回くらい。買い物は、伝票に欲しいものを書くと月1回…
コメント:0

続きを読むread more

BGMは浦鑑ブルースーべしみ四半世紀の星名良浩さん  2020.9.23 すいごごカフェ トーク

人の心に魅せられて  1960年(昭和35年)、東京生まれ。小学5年の時に越谷に越してきた。結婚して一時期春日部の武里団地に住んだけど、それ以外は49年間県外に出ずに越谷に住んでいる。大学は埼玉大学で、小学校教員コースに入っていた。一浪して4年間過ごした後は3年程大学院に行ったので、卒業が27歳。でも、教育実習で自分には適…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ中間まとめ あやふやなまま煽られる危機感・ワクチン (2020.9.16 すいごごカフェ 水谷淳子さんトーク)

検査方法、結果…すべてがあやふや  PCR検査を要望する声がものすごく強かったけど、これは誰でも彼でもやればいいわけじゃない。これは遺伝子をほんの一部採って、増幅して検査をするものなんだけど、変異がとても激しいウイルスなので正確性は70%だと言われている。それに、身体の中でウイルスと身体が戦っている時期には、症状は出なくて…
コメント:0

続きを読むread more

小春、おしん、アイーン & オエヴィス 分断の世紀に共にを探る 2020.9.9すいごご 小川輝明さんトーク

小川輝明さん。わらじの会の障害者の中では若いほうで、障害者自立支援法以後世代。生活ホームオエヴィスとくらしセンターべしみ、ケアシステムわら細工などがすでに一般的な制度化の中に包摂され、障害とサービスのマッチングを経て、わらじの会と出会うようになった世代といえようか。 それだけに、いつ、どの時点で、どんな形で、人と人としてぶ…
コメント:0

続きを読むread more

厳しい靴業界ーでも街で一緒に学び、暮らし、遊び、働く 2020.9.2すいごご 尾谷英一さんトーク

高校ではスキーで国体13位 いまも空手3段 尾谷:生まれは昭和22年6月1日で、今73歳。新潟県小千谷市出身。高校時代は自転車 で日本横断したり、駅伝の選手をしたり、一番元気がよかった。この年のスキー(クロスカントリー)では全部インターハイで全日本も国体も出て、国体では13位になった。 最近ではマスターズという5歳ごと…
コメント:0

続きを読むread more

明日締め切り 第6期埼玉県障害者支援計画(案)についての県民コメント 分け隔てられない埼玉を求めて! みなさん提…

第6期埼玉県障害者支援計画(案)についての県民コメントが、明日締め切りになる。私は今日メールで提出した。  みなさんもぜひ、明日のうちに! 埼玉県福祉部障害者福祉推進課 総務・企画・団体担当まで  FAX 048-830-4789      Eメール:a3310-01@pref.saitama.lg.jp  ふりかえ…
コメント:0

続きを読むread more