わらじの会ホームグラウンド・武里団地に生まれた子供だった私  2019.11.13 すいごごカフェから 小松久美さ…

団地に生まれ育った子どもー団地は世界の中心だ!  11月13日(水)のすいごごカフェゲスト・小松久美さんは、現在地域活動支援センターパタパタの職員。わらじの会で働くようになってからは、まだ3年だが、実は生まれてからつい最近まで、わらじの会のホームグラウンドといえる武里団地で暮らしてきた。わらじの会と武里団地について、は…
コメント:0

続きを読むread more

やまゆり園とすいごごーあの事件を問う映画を製作し全国で上映・感想会を続ける澤さん なぜすいごご常連に? 2019.…

テレビ制作の現場退職後、やまぼうし・伊藤さんと出会った 現在67歳。昭和27年、北海道で生まれた。苫小牧で高校を卒業して、最終学歴は遠洋漁業大学中退。23歳の時に東京の三崎というところでマグロ漁船に乗り、その後東京でフリーターに。 テレビの大道具のアルバイトをしたことからADの職種を知り、おもしろそうだなと思ってADに…
コメント:0

続きを読むread more

娘と一緒に街を拓くー障害のある娘と音楽と地域 山崎泰子さん(NPO法人障害者の職場参加をすすめる会代表理事)10.…

前回のすいごごカフェで話したことはかおるが生まれる前のことだった。今日はかおるが生まれてから31,2年間の中で一緒に生きてきた、暮らしてきた中の出会いを話そうと思う。 いつかは追いついて育つと思っていた母だった かおるは1987年2月に生まれた。3300gもあって、元気な女の子と言われた。ミルクを飲まなくて体重が増えなかった…
コメント:0

続きを読むread more

精神障害と戦うのをやめた日 松丸和弘さん(NPO法人まつぼっくり代表) 2019.10.23 すいごごカフェ@就労…

  NPO法人まつぼっくりの会の代表。現在61歳。精神障害者の当事者として活動している。世一緒でも、前にしらこばとの花壇の整備などをやった。あるNPO準備会のスタッフをやった時、進捗具合が悪く、それならNPOを自分で作ってみようと思いまつぼっくりを作った。 私の生い立ちと青春 自分がおかしいなと思ったのは小学5、6年だが、…
コメント:0

続きを読むread more

共に働く街を創るつどい2019 パネル 「省庁・自治体の障害者雇用は 共生・共働社会を拓くか?」 12月8日(日)…

12月8日(日)、越谷市中央市民会館での「共に働く街を創るつどい2019」を開催。 パネリストのトップは、埼玉県庁の正規職員で聴覚障害者の清水さん。 県の障害者雇用要綱にある「配慮に努めるものとする」という記載と改正障害者雇用促進法の「合理的配慮」とは似て非なるものだと述べる。その鋭い感覚の底には清水さんの小学校時代からの体…
コメント:0

続きを読むread more

12.8(日) 共に働く街を創るつどい2019 「省庁・自治体の障害者雇用は 共生・共働社会を拓くか?」へどうぞ!

  今度の日曜日 12月8日(日)13:00~15:50 越谷市中央市民会館5F第4、第5会議室です!  共に働く街を創るつどい2019 「省庁・自治体の障害者雇用は 共生・共働社会を拓くか?」  パネリストは県庁職員として働く聴覚障害者・清水克彦さん、来年市からプラスティックリサイクル事業の受託を準備中の日野市のNPO法人や…
コメント:0

続きを読むread more