黄金の午後から喪失の黄昏を経て ひきこもりが発酵させた他者・社会を語るー塚田正行さん 2019.8.7 すいごごカ…

8月7日(水)のすいごごカフェのゲストは、」塚田正行さん。肩書は「世一緒に来始めた人」としておいた。あらかじめ「街の風に身を委ねて」と題し、次のように勝手に書いておいた。 「失われた十年(二十年)―さまざまな職場を巡ったのち、いつしか『ひきこもり』とみなされ、母の知人、相談機関を経て、世一緒へ漂着。旅路の風景と思索を語る。」 …
コメント:0

続きを読むread more