総会シンポ「障害者が共に働く~-そこで問われる関係と施策とは?」

画像

今度の日曜日!あと3日です。

 ◇昨年の省庁・自治体の雇用水増し問題をきっかけとした公務部門の障害者雇用の課題は?

 ◇「民間に率先垂範する」という内容は?非常勤、委託が増えている状況の下、公共サービスの質を確保しつつ障害者を含むさまざまな人々が差別なく働ける環境整備とは?

 ◇雇用率の縛りとは無関係に地域で障害者雇用を進めノウハウを蓄積してきた小・零細企業への公的支援の課題とは?

 ◇雇用率が情報公開されることにより社会的責任を問われる企業の悩みをカネで肩代わりする新ビジネスの急成長とそれに地域の雇用を託す自治体のもたれあいがもたらす現実は?

 ◇自立支援法、総合支援法の下でサービス報酬の操作による福祉サービスの効率促進は何をもたらすか?

 ◇解体されてゆく地域でそこに生きる人々自らが暮らしを共に創ってゆく試みの現状と課題、公的支援や連携のありかたは?

画像


NPO法人障害者の職場参加をすすめる会総会記念シンポジウム

「共に働く職場・地域―そこで問われる関係と施策とは?」

6月2日(月)14:00~  (総会は13:00から行います)

会場:越谷市障害者就労訓練施設しらこばと

〒343-0011 越谷市増林5830-4 (越谷駅東口から朝日バス・増林バス停下車)

参加費(資料代):会員500円 非会員700円
手話通訳あり

【パネルディスカッション】

パネリスト・尾谷英一さん(㈱ニューオタニ社長)

伝田ひろみさん(さいたま市議、障害者の政治参加全国ネット代表)

青柳栄子さん(ワーカーズコープ・センター事業団エリアマネージャー)

山下弘之さん(越谷公共サービスネットワーク議長)

コメンテーター・山川洋次郎さん(越谷市障害福祉課副課長)、小田哲郎さん(越谷市人事課副課長)

コーディネーター・朝日雅也さん(埼玉県立大学社会福祉子ども学科教授)

主催:NPO法人障害者の職場参加をすすめる会

後援:越谷市  、春日部市(依頼中)

連絡先: 〒343-0023 越谷市東越谷1-1-7 須賀ビル 世一緒

048-964-1819(FAX共・7回コール要)

メール shokuba@deluxe.ocn.ne.jp

ホームページ http://syokubasanka.com/yoisyo-1.html

画像


 昨年度は夏から秋にかけて、省庁・自治体での「障害者雇用水増し問題」がつぎつぎと明らかになり、当会関係者にもマスコミからの取材があいつぎました。その中で、当会が特に強調したのは、かって1960年に身体障害者雇用促進法ができた時、民間が努力義務とされたのに対し省庁・自治体は義務とされ、その後も民間より高い雇用率が設定されてきたことは何のためだったかについてでした。報道を見る限り、だれもがこのことを当然とみなし、それにふれてはいません。ただ、今後の対応策として、単なる「数合わせ」ではいけないことに関しては、多くの人が一致していました。

 たしかに発足時の状況は「障害者雇用義務」を民間に対しては「努力義務」、そして省庁・自治体では「義務」とし、いわば「数合わせ」を行うことが民間に対して「範を示す」ことでした。

しかし、その後60年近くが経過し、産業・雇用構造は大きく変化し、とりわけ今世紀に入ってから、課題は多くありながらも民間大・中企業での雇用が広がり、国・自治体の就労支援施策がそれを後押ししてきました。こうした激変の中で、省庁・自治体が民間に「範を示す」ことが問われており、だからこそ「数合わせ」ではいけないと私たちは言っているのです。


画像

では、どのようにあるべきなのか。まず必要なことは、民間大・中企業での障害者雇用の伸びが、必ずしもさまざまな障害者が他の人々と共に働く関係にはつながりきれないことや、かって雇用義務とは無関係に障害者と共に働いてきた地域の小・零細企業が苦境に追い込まれてきたこと、さらに障害者の範囲が拡大したことや、福祉施設だが雇用契約を結ぶ就労支援A型事業所が制度化されたことなど、激変の実態と課題を明らかにすることです。

それらの民間企業や福祉施設等で障害者と他の人々がどのように出合い、つきあいを重ねているか。雇用や福祉の制度は、どう役立っているか。その中から共に働く関係を育めるのか、これから省庁や自治体はどのような支援策を用意できるのか。省庁や自治体は職場であると同時に産業、雇用、福祉をはじめとする諸施策の主体でもあります。それらを踏まえて「範を示す」ことができる存在なのです。昨秋から今春、各省庁・自治体で進めてきた雇用の経験も、そこに生かしたいものです。

 今回のシンポジウムでは、そんな意味での遠近法を駆使して、みんなで考え合いたいと思います。

画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック