2.20 市民福祉講座 「95歳の証言ー障害のある息子と生きるとくさん」 のご案内

画像

 わらじ市民福祉講座、精神科医の小原さん、感染症研究者の母里さんに続く3人目は、日本の障害者運動の草分け・八木下浩一さん(写真右)の母・とくさん(写真左)にご登場いただきます。

障害者運動の草分け・八木下浩一の母(95歳)が語る 「街で生きな、こーちゃん」

日時:2010年2月20(土曜日)14時より16時30分 (13時30分より受付開始)

会場:健康福祉センター・ゆっく武里 2F東武伊勢崎線せんげん台駅西口または武里駅西口よりバス3分団地センター下車1分(埼玉県春日部市大枝89、7街区、TEL:048-733-5550)

内容 :27歳で近所の小学校に入学し、子供達と一緒に学んだ体験を通し、やがて全国障害者解放運動連絡会議の代表幹事として、養護学校義務化に反対する文部省デモを指導した八木下浩一さんは、埼玉県川口市在住。いま、その浩一さんと一緒に暮らす母・八木下とくさん(95歳)をお招きし、地域にこだわりつつ共に生きてきた波乱の人生をお話しいただきます。

会費:資料代500円

主催:わらじの会

お問合せ・お申し込み先:下記FAXかE-mailにご連絡ください。
TEL:048-737-1489、FAX:048-736-7192(黄色い部屋)、E-mail : waraji@muf.biglobe.ne.jp(埼玉県春日部市大場690-3 谷中耳鼻科内)

→地元紙「東武よみうりのウェブ版に当日の記事が掲載されました。http://www.tobuyomiuri.co.jp/newnews/100301tokusan.12.html

→次の第4回市民福祉講座のお知らせは右記へ:http://yellow-room.at.webry.info/201002/article_11.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック