「インフルエンザのほんとの話」を聞こう!

わらじ市民福祉講座「インフルエンザのほんとの話」のご案内です。
講師は、元国立公衆衛生院疫学部感染症室室長の母里啓子さんです。(イラストはジャパンマシニスト社刊「今年はどうするインフルエンザ」より転載)
画像


日時:   2010年1月17日(日)
       13:00~15:30 (12:30~受付) 
場所:   健康福祉センター・ゆっく武里 2F
埼玉県春日部市大枝89  7街区 048-733-5550 ...
         東武伊勢崎線せんげん台駅西口または武里駅西口よりバス3分
団地センター下車1分
「インフルエンザのほんとの話」
  お話 母里啓子さん (元・国立公衆衛生院疫学部感染症室室長)
会費500円(資料代)
申込み:15日までにFAX 048-736-7192(黄色い部屋)
または e-mail : waraji@muf.biglobe.ne.jp へ

ご案内

わらじの会・新春市民福祉講座のお知らせ
画像


 「インフルエンザは怖い」報道が猛威をふるい、保育所、幼稚園、学校、職場で、少しでも熱があると「ここには居るな、家に帰れ」と言われたり、病院に行って‘インフルエンザではない証明をもらってくるように」ということがあちこちで起こりました。

 ワクチンも新型だ、それがすんだら季節性のワクチンだ、あるいは両方一度に接種と、まるで国民総動員の人体実験の様相を呈しています。輸入する予定のワクチンが、カナダでは副作用のため中止されたにもかかわらず、厚労省は輸入することをやめようとしていません。イギリスやフランスでは、新型ワクチンがどっさり余って売却先を探しているという報道がありました。

厚労省は「ワクチンは、インフルエンザの発病は防げないけれど、重症化は防ぐ」とあやしげなことを言っています。「去年、ワクチンを打ったけどインフルエンザになってしまった。でも、重症化を防げるなら今年もワクチンを打ったほうがよいかしら。」と迷った末、副作用を心配しながらワクチンを接種した人もいます。

 厚労省や、医師、マスコミなどの報道は、どこまで信用してよいのか。新型騒動がひと段落したいま、もう一度考えたいと思います。

 今回の市民福祉講座は、母里啓子(もりひろこ)さんに「インフルエンザのほんとの話」をしていただきます。母里啓子さんは、国立公衆衛生院疫学部感染症室室長、保健所所長、老人保健施設長などを務められた方です。

→当日の講演記録はこちら http://yellow-room.at.webry.info/201001/article_1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

ちゅうこ
2010年01月22日 23:50
市民福祉講座、おもしろかったです。
今回はおもいきって、ママ友のわらじを知らない人たち
にもお知らせをしました。皆興味あり~との返事でしたが、当日の参加は一人・・・それでも後日ほかのママ友さんたちと予防接種の話をする良いきっかけになりました。
市民福祉講座の数日後に新聞1面に「輸入ワクチン実需なし」との見出しが載り、その記事を読んで、母里さんの「はい、もうおわり。」という言葉が思い出されました。

この記事へのトラックバック