おかしいぞ?新型インフルエンザ報道 その8

根拠なきインフル・ワクチン法見直せ!   
        「重症化」、副作用の検証なし
画像


以下は、月刊わらじ12月号「小さな新聞」からの引用です。 
 
新型インフルエンザ予防接種による健康被害の救済等に関する特別措置法なるものが成立した。ワクチン接種によって副作用など健康被害が生じた場合に、医療費や年金を給付する、輸入ワクチンによる副作用被害が出た時は、海外メーカー側の訴訟費用や損害賠償金などを政府が肩代わりするというとんでもないもの。

 厚労省や一部の専門家も「感染を防ぐわけではなく、重症化を防ぐ」と説明している。が、『「新型インフルエンザワクチンで、脳症が予防できるわけではない」と専門家が指摘している。季節性インフルエンザワクチンをつかった研究でも、脳症を防ぐ効果を示す明確なデータはない。(11,22読売)』

 そもそも重症化とは何を指して重症というのだろう。厚労省は、ワクチン接種後新型インフルエンザで死亡したケースについて「ワクチンを接種しても全員に重症化を予防する効果があるわけではない。接種後も手洗いを。」(11,26読売)とコメントしている。
 
 新型インフルエンザは、今のところ子どもが多くかかり季節性より重症化されやすいといわれているが、ウイルスそのものの性質か、タミフルなどの副作用によるものかの検証もされていない。インフルエンザの子どもの多くにタミフルが使われているのも新型の特徴である。

 これまで人インフルエンザワクチンが、流行を防ぐことも症状を抑えることもできないことは、世界中の研究で明らかになっている。 ワクチン接種には、一定確率で副作用は起きる。補償すればよいというものではない。

 莫大な金と労力をかけてインフルエンザワクチン接種をする理由は何なのか。今からでも不必要なインフルエンザワクチン接種を見直すべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

マスクマン1号
2009年12月16日 12:45
「だいじょぶだいじょぶ、もしもの時には弁済するから」なーんて言われるときってヤバイ時だよなー(笑

教育やら福祉やらに企業参入して客商売にされてからこっち、随分ヘンテコなことになっちゃってるけど、医療もご他聞にもれず・・・ってそーいえば医療なんて業界は大先輩でしたっけね、失礼しました(苦笑

この記事へのトラックバック