共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す

アクセスカウンタ

zoom RSS 介助?自立?能力?―暮らし合いが編み出す多様さ 〈わら細工〉

<<   作成日時 : 2017/10/20 14:55   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 わら細工ニュース10月号が届いた。 ケアシステムわら細工、入会金1000円、年会費1000円で毎月楽しめるA4版フルカラー 8ページの情報誌。

 それよりも何よりも、この情報誌の真髄は、「介助とはかくあるべし」という、現行制度の前提になっているこわばった観念を、現実の地域の暮らしと仕事の多様・多彩なありようを示すことによって、やわらかくほぐそうと試みていることにある。今月号の一部を立ち読みして、その例を示す。

画像

2ページには「生活クラブセレクトフェアに参加して 文責:門間」 「生活クラブとの関わりは山下さんから『わら細工と共同で何かできないか?せっかく全身性という制度が整っているから生活クラブの方達にも登録して実際に一緒に行動できれば良いのでは?』と声がかかり障害当事者と今まで全く接点がなかった方たちと一緒に『うんとこしょ』という事業を今年の3月から立ち上げてわら細工と一緒に座学と外出を交互に行う取り組みを始めました。」

画像

「フェアでは『世一緒』の車椅子体験コーナーでお手伝い。初めて簡易電動に乗る子どもたちなのにみんな上手でびっくり‼」
画像

生活クラブの皆さんの南京玉すだれ。お見事!

画像


2ページ下段の「今月のわら細工リレー短信」では、山口裕二さんが「前田直哉さんの介助を務めつつ、ロックバンドをやったりシェアハウスの管理人をやったりしています。」

画像

「タイムリミットはあと2ケ月先に迫っています。焦っています。というのは、昨年12月、直哉さんと『来年のクリスマスまでにお互いに彼女が出来なかったら、一緒にイルミネーションを見に行こう』という約束をしてしまったからで、いったいなんで直哉さんはそんな恋愛シュミレーションゲームのバッドエンドみたいなことを思いついたんでしょうね?そしてなんで未だに俺には彼女ができていないんでしょうね?」

画像

3ページは「友のさんの暮らし」(取材・太田)「『友のさんのおうちって、わら細工事務局が介助調整や介助者の学生さんを紹介しなくても、学生さんが途切れないじゃないですか?あれはどういう仕組みになってるんですか?』と私が聞くと深谷さんが答えてくれました。『介助調整…あぁシフトのことですね。シフトってうちは呼んでますけど、先輩がやっていたシフト調整を後輩が引き継ぐ仕組みになってます。私は先輩の大山さんから引き継ぎました。友のさんの介助に入ったきっかけはゆめ風のイベントですね。イベントを通じて出会った友のさんから介助に入ってほしいと頼まれました』」
画像

「…『伝統的にというか、3年生が1か月のシフトを調整します。介助内容は、平日は19時にうちに来て、まずお風呂に入ります。そのあと『仕事ノート』があるので、それを書きます。仕事ノートというのは、友のさんが今日はどこに行って何をしましたとかを聞き書きするものですね。個人的な業務日誌なのかな。それと介助者ノートを書きますね。介助者同士の交流があります。』…『学内メールでも募集はかけました。ソレーションズの。いま学生はあんまり入れない人も含めて12人くらいですね』」
画像

 「『1か月すべて学生さんで埋まるんですか?』『日曜日は基本的に中村さんが入ります。学生さんじゃないです。金曜日の掃除と洗濯もお願いしています。土曜日の夜に入った学生さんには、次の日のサンドイッチを作ってもらいます。たまごとかツナの。』と友のさん。介助調整はご本人と学生の両方でやっていることがわかります。」

画像


4ページの「岩上さん宅大そうじ」でも、また別の介助のありようが記録されている。
宮部:蠣崎さんは岩上さんの介助に入って何年くらいですか?
蠣崎:え〜っと…5年くらいかな?
宮部:岩上さん、由梨さんはどうですか?
岩上:なんで遅れて来たの?
蠣崎:電話が通じなかった。
→受話器が上っていました…コントみたいです。
画像

宮部:由梨さんは毎週来てくれていますが、どうですか?
岩上:もう少ししっかりしてほしい。
宮部:最初に来た時と比べてどうですか?
岩上:少しはしっかりしてきた。
宮部:この間のお掃除の感想を教えてください。
蠣崎:自分の家だと出来ないけど、岩上さん家だと整理整頓ができた。もうちょっと自分の部屋をきれいにしようと思った。
宮部:岩上さんはどうですか?
岩上:あんまり変わらない。
宮部:またみんなでお掃除に来てもいいですか?
岩上:うん
 親子ほど歳の離れた2人は、まるで本当の親子のようにも見えました。1人では難しいけど、2人ならなんとかなる…そんな介助の形もあってもいいのかなと思いました。(宮部)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
介助?自立?能力?―暮らし合いが編み出す多様さ 〈わら細工〉 共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる