共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年 今年も北越谷・元荒川土手で花見

<<   作成日時 : 2017/09/01 19:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
私が運営委員を務めるGHテレサとわらじの会の街に出る小グループ・木星団が、それぞれ北越谷の元荒川土手で花見をしたが、互いに同じところに来ていることを知らず、食事を終わった後になって気が付き、帰る直前に合流して自己紹介し合った。精神科病院に長期入院していた人が多いテレサの入居者の中には、わらじの会のくらしセンターべしみの清掃の手伝いやべしみ喫茶のウェイトレスや月刊わらじの共同編集作業参加者など、何らかの関りをもった人も少なからずいる。木星団はべしみやパタパタからそれぞれ何名かの通所者と職員が参加し、街に出てゆく。わらじの会の街に出る小グループは、曜日ごとにいろいろあり、それぞれ独自に活動している。

画像

すぐ隣に電動車いすを見事に使って露店を見物して回っているこどもとその家族らしき一団。上手だねと声をかけると近くの小学校に通っており、校内では手動車いすで動いているとのこと。電動は「遊び感覚で上手に」と母らしき人。本人に名刺をあげ名前を聞いた。小さい時からこんな風にみんなの中で学び育ち、一緒に街を耕したいもの。

露店の列は例年にも増して長い。その中で世一緒の障害者スタッフKさんが金魚すくいの店を親方からまかされ、子どもたちをはじめつぎつぎと群がるお客と張り切ってやりとりしていた。話合いなどの場では、前に一般就労先で盗みの疑いをかけられやめさせられた記憶から、シニカルな態度をとることが常の彼しか知らない人は驚くかも。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年 今年も北越谷・元荒川土手で花見 共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる