共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す

アクセスカウンタ

zoom RSS 世一緒 画廊喫茶4日目 さまざまないのち・くらしをつきあわせて―にじさんぽトーク

<<   作成日時 : 2015/09/21 20:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 職場参加ビューロー世一緒での第2期画廊喫茶の4日目、9月17日(木)。午後のゲストトークは、特定非営利活動法人にじさんぽの不破さんと柳沼さん。仕事おこし懇談会や越谷・水辺の市でご一緒している。しかし、若い二人が前職(大学)を辞めて、この秋から地域で事業所をスタートさせるにいたった動機や活動内容についてはほとんど知らない。
画像

 トークに先立ち、木曜の世一緒当番で今日ホールスタッフを務める新井里佳さんの挨拶。
画像

 初めに、にじさんぽの流儀として、一方向的な講演ではなく、参加者と一緒に考えて行くスタイルにしたいとのこと。今日のタイトル「共生の地域創りたい」は、当会で適当に設定したものなので、各々がどんなイメージをもっているのか、つきあわせることから。
画像

 それぞれの意見が出される中で、人と人の共生だけでなく、自然を含む地球という枠組みでの共生にふれる。

画像

 南相馬市の障害者施設「あさがお」と交流し、そこで生産された豆腐などの販売もしているにじさんぽは、東日本大震災の教訓として、スーパー堤防よりも先人の教え通り高台に逃げることの大切さが示されたと語る。

 しかしながら、大震災、原発事故からの「復興」のプロセスさえもが、その教訓を生かす方向には行ってない。人々のくらしの知恵やいのちの大切さに立ち戻るよりも、元通りのゼネコンや官僚組織の主導する地域支配へ突き進もうとしていることを、にじさんぽは目の当たりにしている。

 以下は、にじさんぽブログより。

月に1度の定例訪問、南相馬市からの帰り道。

南相馬市小高地区を通り、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、広野町と6号線を南下して帰ってきた。

6号線が開通してから何度も通っているが、いつも胸が苦しくなる。

来年になれば、5年。あれからもう5年たつのに...。

あの日のまま1階部分が流されたまま建っている家 壊れたままの堤防 田圃は雑草だらけ

曲がったままのガードレール 人のいない町 除染した土をいれた黒い袋の山、山、山...

言葉を失う。

その状況について何かを簡単に言うことはできない。 今日もそう思った。



画像

 活動のありかたとしての「共生」は、富山県の「このゆびとーまれ」のように子どもも高齢者も一緒にいるような地域活動のイメージだとのこと。

画像

 富山は行ったことないが、埼玉の坂戸にもそれと似た「元気な亀さん」という場があり、1986年から活動している(2012年の「それぞれの居場所」という映画にも出ている)。

画像

滝本さん夫妻が始めたきっかけは、同じ坂戸で「障害のある子もない子も地域で共に育とう」と活動していた「うさぎとかめ」に参加したこと。その「うさぎとかめ」は八木下浩一らの川口に障害者の生きる場をつくる会に関わっていた高橋儀平・典代夫妻などの呼びかけから。細い糸だがたぐってゆくとつながっている。

画像

 さて、タイトルの後半部分の「創る」とは?「作る」とどうちがうのか?にじさんぽの二人は、単に制度に裏付けられたサービスを行うのでなく、身近な地域の日常にある関係(福祉用語では「資源」)を掘り起こし、つなげる(福祉用語では「活用する」)ことをめざす。
画像

 これまでの主な活動内容は、研究事業の手伝い、学習支援、相談支援、健康体操など。上はHP。

画像

 間もなくサービス等利用計画を作成する指定特定相談支援事業所「ソーシャルワーカー事務所らでん」を立ち上げるそうだ。今後とも注目してゆこう。
画像

 ちなみに橋本克己画伯は、本日も出席。にじさんぽの二人は、自分の名前の手話をその場で覚え、手と手で挨拶。

 ふたたび、にじさんぽブログより。

画廊喫茶には、画伯もいらしていた。

人数は少なかったけれど、私たちであると知ってきてくださった方がいたことをうれしく思う。

内容については、難しい・・・とのコメントをいただいた。

共生の地域創りたい というテーマはやはり壮大であった。

言葉では伝えきれないことはわかっている。

感覚で伝えることが、伝わりやすいこともある。

画伯にそれを教わった時間であった。


 にじさんぽブログ      http://ameblo.jp/nijisampo/

 にじさんぽHP        http://www2.tbb.t-com.ne.jp/nijisampo/index.html
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世一緒 画廊喫茶4日目 さまざまないのち・くらしをつきあわせて―にじさんぽトーク 共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる