共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す

アクセスカウンタ

zoom RSS いっしょに行こうよ!小中学校、そして高校も 8月4日 坂戸で会いましょう

<<   作成日時 : 2013/07/04 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会事務局の竹迫和子さんからのメール。A 就学・進学集会「いっしょに行こうよ!小中学校、そして高校も」(8月4日、坂戸市福祉センター)のチラシができました。
宣伝をお願いします。以前から夏休み中に子どもたちも一緒に参加し、顔合わせができるといいねと、計画していました。
ばり研の神田正子さんにお話していただく他、埼玉高教組からも武井真人さんが参加してくださいます。
いろいろな立場からの参加者を依頼中です。
画像


就学・進学集会

いっしょに行こうよ!小中学校、そして高校も

2013年8月4日(日) 1時30分〜4時30分

坂戸市福祉センター 会議室 (最寄駅:北坂戸)

坂戸市石井2327−6   ☎049−283−4114

<参加費> 500円 (資料代、お茶)

いっしょにいるからこそ、悩みもするし、おもしろい。

国会では「障害者差別解消法」が成立しましたが、一緒にいなきゃ始まらないし、活かされません。

教育現場においては、子どもたちがますます分けられています。

配慮を求めると別の場を勧められ、分けることを選ばされる状況があります。

みんなと一緒に高校へ行きたい人、小中学校で学びたい人、悩んでいる人・・・

 顔を合わせて、先輩の話など聞きながら考え、協力していきましょう。



        <プログラム> 

1、神田正子さん(大宮バリアフリー研究会)の話

 息子の浩亮さんは熊谷高校卒業。受験当時のことや
現在の生活のようすなどお話していただきます。

2、来春受験生の「高校行くぞ!」表明

<休憩・交流>

3、参加者から

  これから就学の人 小中学校に通っている人

  高校に通っている人 高校を卒業した人

  学校現場から(埼玉高教組)  他いろいろな立場から

4、全国の状況、県交渉の報告(埼玉連絡会事務局)

*終了後、個別相談行います

主催:どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会


連絡先:048−676−5008(斉藤)  048−942−7543(竹迫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いっしょに行こうよ!小中学校、そして高校も 8月4日 坂戸で会いましょう 共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる