共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週末は 協同まつり in こしがや― ささやかな「寄る辺」崩れる地域で

<<   作成日時 : 2012/10/18 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
またまた直前になっちゃったけどこの週末10月20日(土)に「協同まつりinこしがや」を越谷市蒲生東町(南越谷駅から朝日バス南体育館行きで蒲生東町下車)で10:00〜15:00に開催します!

2012年10月20日(土)
10:00〜15:00
会場:
蒲生日の出商店街および蒲生東町自治会館
内容:
商店街での物販・展示および昔遊び体験
   商店街、地域の語り部会
   自治会館での
映画「内部被ばくを生き抜く」上映【主催】協同まつりinこしがや実行委員会
【共催・後援】予定 越谷市、生活クラブ生協、JA越谷、さいたまコープ、越谷市商工会、埼玉縣信用金庫、日の出商店街、埼玉東部漁業協同組合、蒲生東町自治会、越谷市商店街連合会


画像

小さいけどアーケードのあるレトロな日の出商店街。上の写真は先日商店街の定休日である木曜にそのアーケードの下で開かれた実行委員会。商店のご主人から1970〜80年代のにぎやかなこの街の写真を見せていただいた。いま15ある商店の中で営業を続けているのは6店のみ。子どもたちは後を継がず商店主たちは70歳になるとみな病気になると話す。周りの住人たちも同じように老いてゆき、次世代は少し離れた街に居を移す。ただ毎年5月の祭りには息子や娘たちが子どもを連れて帰ってくると誇らしげな自治会長さん。

 この商店街がつくられたのは1960年代の半ば。東京と群馬・栃木を結ぶ東武伊勢崎線に対し、神奈川・東京・埼玉・千葉を環状につなぐ武蔵野線が開通し、その交差する地点に最寄り駅ができるという計画ができ、この辺りは一挙に住宅開発が進んだ。

 ふりかえれば、この蒲生東町をはじめ首都圏の大半は、高度成長期の巨大な幻想の真っただ中、集団就職に象徴される故郷から根こそぎ動員された人々がその後漂着・定住し築かれたニュータウン。寄る辺なき者たちだったからこそ70〜80年代の住民パワーをもってささやかな「寄る辺」をつくってきた場所である。その間に人間は6倍以上にふくれあがった。

 だが、産業構造が変わる中、いまその小さな「寄る辺」までが崩され始めている。だからこそ、この協同まつり実行委員会に集まった、地域で生きづらさを抱えながら小さな仕事づくりに取り組んでいる、いわばどこの馬の骨だかわからないような私たちともつながってみようか…、そんな風通しのよさを身につけ始めているといえる。故郷喪失者のやぶれかぶれの居直りが始まる。

 そんな地域状況の下で、新たなつながりのかたちが問われている。

 協同まつり in こしがやがその一歩となればと思い、手探りで関わってきた。


画像
商店街に掲示されていた地元小学校の生徒たちの見学記。



画像

地域で仕事おこしに関わるNPO法人などがいろんな模擬店を出したり、



画像

自治会館では「内部被ばくを生き抜く」(鎌仲ひとみ監督作品)の上映会(10:00〜、13:00〜上映、500円)も行い、

中間地点ではもちつき大会などもやる予定。

NPO法人障害者の職場参加をすすめる会、わらじの会は、自治会館前でミニバザーを開きます。

11月17、18日に埼玉で行われる いま、「協同」が創る2012全国集会(国際協同組合年後援事業)へ向けてのプレイベント。私も副実行委員長を務めています。どうぞのぞいて見て下さい。

【開催趣旨】

 2012年は国連が定めた「国際協同組合年」です。

今こそ、人と地域が連帯し、「協同」によって社会を創り直す時ではないでしょうか。

「協同」とは、人びとが力を合わせ、助け合い、支え合って、ともに生きることと考えます。

2011年3月11日の東日本大震災により、私たちは多くの人の命と暮らし、地域を失いました。

この巨大な複合災害は、自然と人間の共存、人びとの連帯や絆をあらためて私たちに問いかけています。
「人間復興」と「新しい社会の創造」に向けて、各地域や全国の人びとは行動をはじめました。

越谷においても、これまでの私たちの「生活」「暮らし」「仕事」をふりかえって、新たな人と人の顔の見える関係をつくり、地域社会の再生や自然との共存について語り合い実践したいと考えます。

そのために、今回は地域とともに生きてきた小さな商店街を会場として、『協同まつりinこしがや 〜商店街に行こう〜』を企画しました。


【主催】協同まつりinこしがや実行委員会
実行委員長:佐藤春江)埼玉ワーカーズコレクティブ越谷エリア代表) 副実行委員長:山下浩志(NPO法人障害者の職場参加をすすめる会事務局長) 副実行委員長:飯島信吾(生活協同組合さいたま高齢協理事) 事務局長:青木未知(ワーカーズコープ・センター事業団)実行委員:野島、大坂、谷崎(わらじの会) 日吉、佐藤、木下、塚田(障害者の職場参加をすすめる会) 青木、須長、三宅(埼玉ワーカーズコレクティブ越谷エリア 大塚(NPO法人さいたまNPOセンター越谷事務所コーディネーター) 関根、西田、飯沼、小野、石田(ワーカーズコープ) 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週末は 協同まつり in こしがや― ささやかな「寄る辺」崩れる地域で 共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる