共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育を必要とする生徒達を切り捨てる 県立高再編見直しを! 埼玉県に要望書

<<   作成日時 : 2009/12/04 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

 最も教育を必要とする子を切り捨てる 県立高校再編計画見直しを!
本日、どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会(斉藤尚子代表)と埼玉障害者市民ネットワーク(野島久美子代表)が共同で、埼玉県教育局に対し、同局が進める県立高等学校の後期再編整備計画を全面的に見直すよう、以下の要望書を提出しました(写真は埼玉県庁)。
画像
 

県立高等学校の後期再編整備計画(案)に対する意見

 日頃より埼玉の教育のためにご尽力いただきありがとうございます。
 私たち「どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会」、「埼玉障害者市民ネットワーク」は、障害のある人もない人も共に生きることをめざし、そのためには小学校、中学校、さらに高校においても障害のある生徒もない生徒も一緒に学ぶことがたいせつであるとして、1987年秋から埼玉県教育局との話し合いを積み重ねてきました。その話し合いにおいて、どのような障害があっても、またどんなに重い障害があっても高校で受け入れられるよう要望し続けてきました。徐々にではあれ高校への受け入れが進んできているところですが、未だに障害の重い生徒の受け入れについて理解が得られない状況があります。
私たちは、障害のある子(人)に限らず、高校教育を受けたい子(人)、必要とする子(人)は「どの子も」(だれでも)公立高校で受けとめていくべきであるという考えに立って、運動を続けてきました。子どもたちはだれでも将来の社会の担い手です。入試の得点が低かったとしても、学力が足りないとして選抜で落とすのではなく、学力のある子ども以上に教育を受ける機会を与えられるべきであり、公立高校がその受け皿の役割を果たすべきであると考えるからです。

 この度発表された「県立高等学校の後期再編整備計画」に基づく高校の統廃合は、公立高校が果たすべき役割を放棄し、高校への門戸を狭くして子どもたちを切り捨てていくものです。埼玉における高校教育の行く末が案じられてなりません。地元の高校がなくなったり、自分たちが卒業した高校がなくなったりすることは、単にさびしいといった思いにとどまらず、将来を担う若者たちに教育がきちんと保障されないことを意味しています。進学がむずかしかったり、中途退学するような生徒は最初から高校に入れない方がいいといった考え方があるようですが、学習面で遅れているとか、生徒指導上の問題があるとかいった、そのような生徒こそ最も教育されていかなければならないのではないでしょうか。現在さまざまな犯罪や社会問題が起こっていますが、それらがさらに増長していくのではないでしょうか。
先日新聞報道されましたが、昨今の経済状況の中で家庭経済も切迫して、公立高校ならなんとか行けるという生徒も少なくありません。家庭経済がきびしいと私立高校の学費を払うのはむずかしく、全体の生徒数が減ってきていても、公立高校を受験する生徒はふえていると言われています。高い交通費を払って遠くの高校へ通うのではなく、地元や近くの高校へ通えることが家庭経済を助けることにもなります。また、家庭経済がきびしいと、働きながら定時制に通う生徒も増えるはずです。職場に近い所に高校があることで、働くことと学ぶことの両立ができます。統廃合により、単に高校の数が減るだけでなく、職場と高校が離れてしまうこともあります。家庭経済のきびしい生徒はこのように学ぶ機会も奪われ、安い労働力として働かされ、ますます経済格差も大きくなっていくことになります。
また、私たちは、障害のある生徒も高校で学べるように、はたらきかけてきましたが、現在の選抜制度は「障害があることにより不利益な取り扱いをすることのないよう」と言いながら、得点で選抜することにより、知的な障害や重い障害のある生徒にとっては不利益となっています。統廃合により、高校の門戸が狭くなると、ますますその不利益性が増すことになります。これまで少なくとも定員内では受け入れるよう訴えてきましたが、定員割れする高校もほとんどなくなる状況です。高校の統廃合により、障害のある生徒を排除することになります。

国や県の財政がきびしいからと言って将来の社会を担う若者の教育の機会を保障することを怠っては、ますます社会は逼迫したものになっていきます。今こそ、希望するどの子も受けとめる姿勢を示すべき時であると考えます。今回の高校の統廃合について再検討していただきますよう、どうぞどうぞよろしくお願いいたします。


なお、地元紙・埼玉新聞は、この計画について、次のように報じています。

生徒「切り捨て」懸念も 専門家「受け皿あるか」 県立高校再編

生徒数の減少や中途退学問題など学校を取り巻く課題に対応するために始まった県立高校の再編整備計画。県教育局は「多様化する教育ニーズに対応した特色ある学校をつくる」として募集定員に満たない全日制や夜間定時制を廃止し、昼夜開校の定時制独立校や単位制校の導入を積極的に打ち出すが、教育現場からは「生徒の切り捨て、進学主義の一極化になりはしないか」との声も上がる。(富田かおり)
「定員増で対応」県教育局
 県内の中学卒業予定者は1989年の11万5千人をピークに減少を続け、02年から6万人台で推移。県教育局は「生徒募集が困難な状態で将来的にもその傾向が続き、教育課程編成や部活動に適する学校規模(6〜8学級)を維持できない学校」を対象に、99年から再編整備を進めている。
 吉川新校の再編案として挙がっている昼夜開校型の単位制定時制校や、大井新校と本庄新校で導入予定の単位制普通科は、生徒がさまざまな選択科目の中から自分なりのカリキュラムを作り、自分のペースで学べるのが特徴。
 特に単位制普通科は「今以上に進学指導に力を入れる」(高校改革推進課)。学力上位校を増やし県全体の学校水準を上げたいとの考えからだが、いわゆる学力困難校に通う生徒や、学び直したい生徒たちは「近隣の別の高校へ」とも語っている。
 政府が来年4月から高校授業料を実質無償化することで、公立志向の高まりが予想される。県教育局は「削減後の133校でも問題ない。学級数や定員増で対応できる」と説明する。だが、教育専門家は「進学化にシフトする中で、夜間定時制で自分を取り戻した子、経済的に地元にしか通えない生徒の受け皿はあるのか」と懸念を強める。
(埼玉新聞・11月16日)


どの子も地域の公立高校へ埼玉連絡会の活動については右を参照→http://yellow-room.at.webry.info/200911/article_13.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サクラ散る」 2.24日高高校と県教育局に交渉(速報 その1)
 「サクラ散る。」   2月24日(水)午前9時。県立高校前期入試の合否発表の朝。日高高校を受けた吉井英樹くんの母・真寿美さんからの短いメール。  はや5年目の春。重複障害の英樹くん。小・中学校で近所の友達と一緒に学び・遊び・けんかし、そうした関係が何よりも大切と、県立高校にチャレンジし続けてきました。 ...続きを見る
共に学び・働く―「障害」というしがらみを...
2010/08/03 23:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
本文とは関係ないのですが
トップページの配色は見にくいお思います
それと新聞や雑誌記事の引用はなるべく
リンクやトラックバックを使った方が良いかも
見やすくなるし、万が一訴えられたとき
直しやすいと思います。蛇足でした。
0316
2009/12/07 17:48
高校の再編というか統廃合について真摯でいらして、心強くなりました。
 ただ、例えば地元の中学校で、下から何十人かはひとまとめにして熨斗つけて吉川高校送りだ、それはカッコ悪いだろうという風に、進路指導されたりする現実もあります。
 子供からの伝聞では、公立高校も私共の頃とは隔世か、と思いましたが。保護者会でも同様の発言を堂々と中学校の先生から聞かされ、唖然としました。
 正直に申しまして、現在の吉川高校の、吉川市内の中学生の受け入れ方は、中学校教育を不健全にしている要因のひとつだと思います。
 ただし、上の伝聞は今年度のものではありませんが、直近のものです。
 私は埼玉の出身ではないので、よくわかりませんが、これって当たり前のことなんですか。
ふらっと
2010/02/03 15:36
追伸 たとえ地元とはいえ、現在の吉川高校へ進学して、しょうがいを持っておいでの子供さんが充実した学習とか、学生生活を送れるとは思えません。
近くで接してみればおわかりになります。
ふらっと
2010/02/03 15:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
教育を必要とする生徒達を切り捨てる 県立高再編見直しを! 埼玉県に要望書 共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる