共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す

アクセスカウンタ

zoom RSS 分権型組織ーわらじの会の組織関連図を作ってみた

<<   作成日時 : 2009/11/04 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像県内の他団体からわらじの会に職員研修が予定されているので、なかなかわかりにくいわらじの会の組織関連図を試作してみました。

わらじの会関連組織図
 それぞれの成り立ちに伴う人間関係をできるだけ大切にするために、分権型の組織をつくってきた。
1.社会福祉法人つぐみ共生会 理事会・評議員会
本部

各事業部門
    障害福祉サービス事業
―旧法身体障害者通所授産施設 「くらしセンターべしみ」

    地域生活支援事業―相談支援事業 
     越谷市障害者生活支援センター「苞」←越谷市
     春 日部市障害者生活支援センター「えん」←春日部市

    県単事業    生活ホーム運営委員会 
 心身障害者生活ホーム「オエヴィス」
          心身障害者生活ホーム「もんてん」

2.「パタパタ」 運営委員会
 県単事業・心身障害者地域デイケア施設「パタパタ」 
 通所者ミーティング

3.ケアシステムわら細工運営委員会
(会員制の協同組合的組織) 
  総会   事務局
     わら細工独自事業
     基準該当事業所事業(障害福祉サービス
=居宅介護+重度訪問介護、移動支援)

4.重度障害者職業自立協会の店「ぶてぃっく・ぶあく」
(個人事業所) 
  運営委員会  店番会議

〈わらじの会の個人や場が会員に多い団体〉
5.NPO法人障害者の職場参加を
すすめる会
 
理事会・運営委員会   総会  事務局
  本部事業  職場参加ビューロー「世一緒」を拠点に

  委託事業  越谷市障害者就労支援センター ← 越谷市

組織間ネットワーク(重層的。わらじの会が最古層)
@社会福祉法人内代表者会議(職員+利用者+他の関係者(+親))…(〜2008)
ACILわらじ総合協議会(1〜4までの活動に関わる有志による情報・意見交換、連携行動組織)
事局会議、拡大くっちゃべる会、合宿、総会等を行っている他、JILに加盟。…(〜1991)
Bわらじの会(1〜5はもちろん、誰でもいつでも個人としての立場で参加できるゆるやかな会)…(〜1978)
夏の交流合宿、大バザー、みんな一緒のクリスマス。月刊わらじ発行など。会長、地区連絡先、会計。

課題と展望このように、互いに独立した事業体の連合ないしネットワークという組織形態。しかし、各理事会、運営委員会等への人的相互乗り入れや日常活動上の出向、連携等により、実態としてはかなり一体的に活動している。
しかし、独立採算を原則とするため、収入の差による職員配置や労働条件の差もかなりある。また、職員や利用者の事業体間異動もスムーズには行かない。利用者は所属をこえて活動できるが、職員には一定の制約が生じる。ジレンマを抱えながら、試行錯誤しているのが実態。ただ急ぎすぎないこと。時代も変わる。
どんな障害があっても共に地域で生きる形を探ってゆくとき、国の障害福祉サービスよりも県単・市単の事業、福祉外の関係が重要。収入には反映しないが、地域のネットワークが。分権型地域社会が展望できるか。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
分権型組織ーわらじの会の組織関連図を作ってみた 共に学び・働く―「障害」というしがらみを編み直す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる